投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 夏を越すカモたち(6)
  2. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: この羽と骨の正体を教えてください

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2019年 8月19日(月)17時34分51秒
返信・引用
  ヨタカさま

早速のご返信、ありがとうございます。
大きさに関するご推察は完璧かと思います。確かに、記憶に残っている大きさは、ツミと同じくらいかやや小さな鳥のように思います。

羽の裏側だったので迷うところですが、私も身近にいて単独行動する「あの鳥」ではないかと想像をめぐらせておりました。

咄嗟に撮ったスナップの古い記録のうえ、羽に関する知識が少ないもので、ヨタカさまの科捜研ばりの洞察力には感服しました。

今後とも、よろしくお願いいたします。
 

Re: この羽と骨の正体を教えてください

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2019年 8月19日(月)11時17分55秒
返信・引用
  竹内さま

 的外れでしたらご容赦ください。以下、私の推理です。

 煉瓦の幅から大きさを推測します。見た目から住宅の庭などに使われる煉瓦のように見えるので、仮に我が家の煉瓦と同じだとすれば、煉瓦の幅が11㎝程度です。これを物差しにします。

 写真右上の「1」の羽は形状から初列風切の外側数枚だと思われます。付け根側の先端がよく見えないので難しいですが、外から3枚目で長さが13㎝程度のようです。この部分は羽軸の付け根部分で6枚ほどが重なっていることがわかるので、初列全体の長さがこの程度なのかもしれません。また、羽の裏側なので色が分かりにくいですが、全体的に黒っぽく、特に模様は無いようです。

 右下の「2」の羽は分かりにくいですが、初列風切の内側か、次列風切のようです。長さは10㎝余りですね。これも裏側なので色が分かりにくいですが、先端に茶色っぽい羽縁があるように見えます。

 右下の「3」も同様で、長さが8㎝程度、先端に茶色っぽい羽縁が細くあるように見えます。

 左下の「4」は羽軸が直線的なので、尾羽かもしれません。長さは10㎝程度です。先端がボソボソになっているので分かりにくいですが、1㎝くらいの幅広い灰色部があるようです。

 煉瓦の物差しが正しいと仮定しての話ですが、各羽の長さから、鳥の大きさはスズメやツバメより大きいと思います。ハトと同じか、少し小さい程度ではないでしょうか。風切が黒っぽく、内側の何枚かは先端に茶色っぽい羽縁があり、尾羽の先端に幅広い灰色部があるとなれば、羽は少し小さいですが、身近なあの鳥かもしれません。
 

この羽と骨の正体を教えてください

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2019年 8月17日(土)13時05分30秒
返信・引用
  教えていただきたいのは、十年以上も前の9月に見た羽と骨のことです。写真を添付します。
場所は桐生市の平地にある駐車場の隅でした。

ツミの幼鳥がとまっていた木の下にあり、付近に植栽された桜や針葉樹の大きな木には、ツミの営巣の痕跡(巣)が幾つもあったのを覚えています。

状況から考えて、この年の春から夏の繁殖期に、ツミの親鳥が捕獲し巣に運んで餌とした残骸の可能性が高いと考えています。
ツミは最小のタカで、スズメくらいの小鳥を餌にすることが多いようです(ツバメの幼鳥かとも考えましたが…)。

このご遺体の正体について、ヒントなりともご教示いただければ助かります。
 

Re: ツバメの塒入り

 投稿者:せきれい  投稿日:2019年 8月14日(水)22時26分40秒
返信・引用 編集済
  > No.123[元記事へ]

ツバメが塒入りをするようになって、夕刻オオタカの姿をよく目にするようになりました。
まだツバメたちがやってこない時間帯に近くの木に止まっているのを見ています。ケケケ
の声も数度聞いていました。しかし実際狩りをしているのかどうかは暗いこともあって、
分かりませんでした。

今日、日没寸前、ついに狩りをするオオタカの姿を捕らえることができました。塒のヤナギ
の木上を音もなく突っ込むようにやってきて、どうやら一羽を捕まえたようです。やや離れ
た畔に下り立ち羽をむしり始めたので、狩りが成功したことが分かりました。双眼鏡でかろ
うじてその様子を見ることができました。白っぽくみえましたので成鳥のようです。

オオタカが去ったあと、犠牲になったツバメの羽を暗闇の中、スマホのライトで何とか回収
しました。多分今年生まれの幼鳥ではないかと思いますが、いかがでしょうか。
 

ツバメの塒入り

 投稿者:せきれい  投稿日:2019年 8月12日(月)22時32分39秒
返信・引用 編集済
  昨年の7月にツバメの集団が見られ、近くに塒があるのではと探しましたが、
大きなヨシ原があるわけでもなく、どこなのか分かりませんでした。今夏よう
やく塒の場所を突き止めました。ヨシ原ではなく畑や田んぼのそばに植栽され
ているヤナギの林でした。8月1日から観察を始めましたが、今日まで塒入りが
続いています。このまま9月頃までいるのではないかと観察しているところで
す。場所は前橋北部です。

今日は18時時40分頃から集まりだし、18時50分には数が多くなって乱舞。
徐々に塒入りが始まり、最後の集団が入って19時5分過ぎに完了しました。
しばらくぎやかですが、10分ほどで静かになります。

今日の19時ごろの乱舞の様子 https://youtu.be/nVehHp2xrD4

ヤナギの林の大きさは60mx19m程度でそれほど広い林ではありませんが、
その中に数千羽と思われるツバメが降る様に塒入りする様子は圧巻です。

画像1枚目 塒入りするヤナギの林
画像2枚目 8月4日19時頃 塒入り前の乱舞(T氏撮影)
画像3枚目 8月4日19時20分頃 塒入りしたツバメたち(フラッシュなしでT氏撮影)
 

Re: 教えて下さい

 投稿者:せきれい  投稿日:2019年 8月12日(月)13時08分6秒
返信・引用
  > No.121[元記事へ]

川田様

この鳥は特定外来生物に指定されている「カオジロガビチョウ」です。外来種なので、
図鑑には載っていないと思います。中国~東南アジアが原産地です。

1990年に大間々町で確認されて以来、赤城山の南面に沿った地域で増えはじめ、さらに
県内各地に分布を拡げています。飼育していた個体が逃げて野生化したり、故意に放し
た個体が野生化したりして定着したものと思われます。ヤブを好み営巣するので、ヤブ
に依存する在来種への影響が懸念されています。日本の侵略的外来種ワースト100選定
種になっています。

https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/20420.html

2005年頃から前橋市北部の我が家の庭で見られるようになり、今では毎日数羽でやって
きます。声が大きく大変にぎやかです。ただ、他の鳥たちに意地悪をするわけでもなく、
南国生まれのせいかおっとりしているように見えます。しかし、これ以上増えると影響
がでてくるのではないかとちょっと心配しています。
 

教えて下さい

 投稿者:川田伸夫  投稿日:2019年 8月12日(月)07時53分10秒
返信・引用
  足利の織姫公園の裏山を散策していると聞いたことのない鳴き声の鳥に出会います。いつもこの鳥何ていう鳥だろうと思って野鳥図鑑で調べるのですが載っていません。
どなたかご存知の方がいましたらご教示下さい。
今日も出会いました。
 

Re: 教えてください

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2019年 8月 8日(木)00時16分53秒
返信・引用
  > No.119[元記事へ]

Sヒロセ様

 ひっひっひ、ちゃっちゃっちゃ と飛びながら鳴くこの鳥はセッカで正解です。
 かなり小さい鳥ですが、人一倍元気に鳴くので、よく目立ちます。
 草地の鳥で、オスが器用に巣の外側を編み、メスが内装を仕上げるそうです。
 そのメスは、生まれた年にもう繁殖することがあるそうです。
 ハツカネズミみたいな鳥ですね。
 

教えてください

 投稿者:Sヒロセメール  投稿日:2019年 8月 7日(水)08時53分26秒
返信・引用
  今朝、高崎市民ゴルフ場近くで、ひひひとなくこの野鳥がいました。調べるとセッカみたいですが、なき声と尾羽だけです。
すみません。
 

調整池周り水田のサギ類2

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月30日(火)16時16分31秒
返信・引用
  サギ類は車から出ると、警戒しますので、車の中からの観察が良いようです。
アマサギは昨年と略同時期です。
 

/11