投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 夏を越すカモたち(6)
  2. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


アオバト

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 7月16日(火)13時44分30秒
返信・引用
  いつもの散策路を歩いていると、まるで壊れたラジオのような音が聞こえてきました。
初めてではなく、もう2~3回目でしょうか。よく「一軒家」の番組にあるように、動物よけにラジオでも置いてあるのかな?程度に思っていました。
職場から野鳥の声がたくさん入っているCDを借りたので、楽しく聞いていると、その「壊れたラジオ」音が聞こえてきたのです。それは、何と!!アオバト。「えっ、あそこにいるの?」ととてもびっくりしました。だって、アオバトは、塩水を飲むので、海辺か上野村(野栗沢温泉は塩泉)というイメージが強かったからです。でも、この散歩道は英語表現で「ビッグ・ソルト・レイク」。どこかに塩泉がわいているのでしょうか。
この子は、きれいなアジサイを見学していた?アオサギです。みんなに大人気でした。
 

無事に それだけが願い

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 7月16日(火)06時08分25秒
返信・引用
  久しぶりに軽井沢に行きました。相変わらずの梅雨空で、霧がかかる暗い別荘街は、ぬかるみ道でした。
高級別荘地の入り口付近まで来ると、「ピーピー」と激しく鳴き建てるキビタキ♀?がいました。まるで誰かに危険を知らせているようでした。ですから、足早にそこを立ち去ると、爽やかな林内を一回り散策しました。
帰りに件の地を通りかかると、今度はキビタキ♂が、「キリキリ」「カチカチ」と鳴きながら木々の間を飛び回っていました。「ごめんごめん。」と通り過ぎようとすると、一羽の幼鳥が藪の中で立ちすくんで?いました。たった一枚撮った写真がこれです。
ここは彼らの居場所であり、私達は侵入者。立ち去ることがマナーですね。
♂キビタキの写真は、別荘街一番のさえずり名人です。相変わらず、TO社超高級別荘地でさえずっていました。美しい!!
 

バンの子育て11-2

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月10日(水)16時37分33秒
返信・引用
  雛はまだ羽も小さく成鳥とは非常に違いますが、足の大きさ、嘴の色などははっきりしています。
親は採餌をさせると共に、時折給餌をしていました。
ふ化数日で、自立の訓練が始まるのですから大変だと思います。
今回も運が悪ければ、水没でこの3羽も育つことはないのですから、これからの成長が楽しみです。
今回でバンの子育ても最後とします。(特記事項あればまた記載します)
 

バンの子育て11-1

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月10日(水)16時24分12秒
返信・引用
  9日抱卵21日目でふ化したバンのファミリーは、10日は初め見えませんでしたが、よく見ると昨日の簡易巣の後ろの草むらで、元気に採餌・給餌していました。
簡易巣はあまりに見通しが良いところだったので、オオタカ・チョウゲンボウ他に狙われないか心配していましたが、しっかり安全なところに隠し、ツガイで見守っていました。
当面しばらくこの場所で子育てするものと考えます。
 

バンの子育て10-3

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月 9日(火)21時38分13秒
返信・引用
  バンの子育てを見ると、6月の抱卵の為、今回は調整池を選んだのだと思いますが、これからの抱卵であれば、水田の畔等であれば、水没・鳥の攻撃もなく簡単に思われます。
今の場所にいつまで留まるのか、もう少し観察してみようと思います。
 

バンの子育て10-2

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月 9日(火)21時29分48秒
返信・引用
  雛は時折採餌をし、ツガイも監視し、羽で保護したりと大忙しです。
大変見やすい場所ですので、オオタカ、ハヤブサに襲われないことを祈ります。
 

バンの子育て10-1

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月 9日(火)21時19分20秒
返信・引用
  9日は写真左の巣はすでに放棄され、よく探して見ると道路側に簡易巣を構えツガイで雛をつばさで覆って保護していました。♂ ♀ 共に交代で餌を運んでいました。ふ化は抱卵から21日かかったようです。
よく見ると時折雛が顔を出し、外の様子を伺っていました。
結果的にふ化は3羽で水没を免れたものの、おそらくふ化数が3羽の為、水没した卵もあったと推測します。
こう見てみると、6月20日には、今回の高みに営巣したツガイと、水面近くに営巣したツガイといましたが、選定は難しいようです。ふ化したらすぐに雛も採餌しなくてはなりませんので大変です。
 

バンの子育て9

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年 7月 9日(火)20時59分54秒
返信・引用
  7月3日~4日の雨で、巣はかろうじて水没免れ、6日~7日にかけて必死に巣の補修をしていました。8日はふ化まじかの様で、ツガイで交代で盛んに採餌をしていました。結果的に8日中にふ化したようです。  

群馬県鳥類目録を改訂します

 投稿者:管理室メール  投稿日:2019年 7月 9日(火)12時41分7秒
返信・引用 編集済
  2014年に群馬県鳥類目録を刊行してから5年が経ち、その後新たに記録された種もあり、
この度、目録を改訂することになりました。下記に詳細を掲載いたしましたので、
皆様のご協力をお願いいたします。


http://wbsj-gunma.sakura.ne.jp/mokuroku/mokurokukaitei.html


 

ツミの幼鳥のハートマーク

 投稿者:せきれい  投稿日:2019年 7月 7日(日)15時08分10秒
返信・引用 編集済
  ツミの幼鳥の胸からお腹にかけて。羽の模様がきれいなハートマークなのをご存知でしょうか。
たまたまかと思って見比べてみましたが、どの幼鳥も同じハートマークなんですね。

自分の撮った画像はボケていましたが、ツミの情報をお知らせ下さったTさんの画像では実に
きれいにハートが映っています。了解を得てご紹介します。
 

/9