【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(24)
  2. 足あと帳(9)
  3. 新ホームページに要望すること(1)
  4. ワカケホンセイインコ情報(2)
  5. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: フクロウの趾(掌・爪)

 投稿者:focus  投稿日:2022年 5月22日(日)16時41分52秒
返信・引用
  ピジマさんみたいで素敵です  

フクロウの趾(掌・爪)

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2022年 5月20日(金)13時45分26秒
返信・引用 編集済
  薄暗い中、ISO感度アップ避ける為、SS 1/100-1/200 手持ちでブレ。
PENTAX KP+1.7XAF+Canon250D+BORG71FL 約750mm相当
ORION EZ FinderⅡ改造、両眼視手持撮影
吾妻郡東吾妻町

1枚目、6016X4000→800X530  2,3枚目は部分アップで等倍 800X530 切取り
 

マミチャジナイ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 5月15日(日)21時51分19秒
返信・引用
  県外で恐縮ですが先週妙高高原と戸隠高原に遠征してきました。あちらでは今季異様にアカハラが多くて嬉しくなりました。アカハラの映像は多数撮影して来たのですが、アカハラかと思い込んでいた中に1枚?な鳥が写っておりましたのでT副代表に見ていただいたところ、マミチャジナイでした。そう言われればそうですね。図鑑を再確認し納得しました。  

キビタキさんの囀ずりの場面!

 投稿者:高木大介メール  投稿日:2022年 5月15日(日)17時35分46秒
返信・引用
  キビタキさんの囀ずりの場面が撮れました。

とても綺麗な音色で惚れ惚れしますね。
しばらく聴いておりました。

写真撮らせてくれてありがとうキビタキさん!
 

Re: キセキレイがいるのですが…。

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2022年 5月15日(日)07時59分18秒
返信・引用
  パンダさま

 雛が巣から落ちないか、カラスに襲われないか、心配されているのですね? お話からすると、雛がかなり大きいようですね。巣立ち間際になると巣からはみ出すくらいに雛は大きくなりますから、落ちる心配はあまりないです。むしろ、心配して巣を頻繁に覗くと、雛が驚いて本来より早く巣立ってしまうことがあり、あまり飛べないのでネコやカラスに襲われやすくなります。近くを通る時は知らんふりをして遠くから見守ってください。
 カラスは厄介ですが、万が一襲われたとしても、そのカラスは自分の雛のために狩りをしたのかもしれません。私も、カラスやカモメが他の鳥の雛を襲うと悲しい気持ちになりますが、オオタカがドバトを襲うと格好いいと思ってしまいます。巣の中の雛を見ているとキセキレイに情が移るのはよくわかりますが、どのような結末だとしても、それは自然の摂理です。そっと見守るしかありません。ただし、ネコは人の管理下なので、近くにネコが出るようであれば、ネコが巣に近づかないようにネコ除けなどをしてあげる必要はあるかもしれません。蛇足ですが、ネコは少なからぬ数の野鳥を捕殺しています。飼い猫によって絶滅に追いやられた鳥もいます。ネコは室内飼いをし、外に出さないようにして欲しいものです。
 

オオルリ♀

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 5月15日(日)01時31分54秒
返信・引用
  この春オオルリの♂は何回か撮れていたのですが目立たない♀には会えずにいました。5月10日にペアのオオルリを見つけたのですが、高い木の梢から降りてこなくて諦めた頃、♀だけがすっと林道の斜面目の高さに来ました。距離は6~7mで天気が良く日差しが強かったのですが、うまい具合に笹の日陰に入ったので光線の状態が良くて慌ててシャッターを連射しました。ヒタキ類の♀は可愛いです。  

エゾムシクイ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 5月14日(土)18時11分30秒
返信・引用
  ムシクイ類は姿だけでは見分けが難しいですが、この時は「ヒーキー、ヒーキー」と盛んに囀ってくれたのでエゾムシクイと判別が容易でした。ただし私が見つける時はいつもそうなのですが、梢近くの高い所にいて腹ばかり目立つ映像になってしまいますね。  

キセキレイがいるのですが…。

 投稿者:パンダ  投稿日:2022年 5月14日(土)10時34分37秒
返信・引用
  今、家の近くのナンテンの木に、キセキレイの巣があって、ヒナも生まれています。
とってもかわいいのですが、巣が小さいし、落ちそうで心配です。
あと、近くにカラスもいるし、ヒナや親鳥が食べられてしまうかもと心配です…
何かわかる方がいれば教えて欲しいです!よろしくお願いします。
 

バンの羽繕い

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2022年 5月12日(木)22時17分36秒
返信・引用
  5月11日 早朝のことでした。
①バンが蘆(葦)の茎に乗って羽繕いをしているのに気付きました。(6時15分29秒)
②何時、泳ぎだすのかと見ているとそこにずっと居ました。
③やっとのことで、入水しました。(6時32分33秒)
なんと17分4秒以上も羽繕い休息をしていました。
番の相棒の姿は見かけませんでした。
 

ミソサザイ囀り

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 5月 9日(月)19時00分51秒
返信・引用
  薄暗い谷間に一時降り注いだ陽光を浴びミソサザイがひたすら唄い続けていました。  

コマドリ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 5月 9日(月)13時59分0秒
返信・引用
  伊香保の名所も出があまり芳しくないと聞き、恐縮ながら信州の某所に出掛けてみました。もうピークは過ぎたみたいですが、昨年に比較して今季は出が良かったようです。  

ハシボソガラスとツバメが

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2022年 5月 9日(月)10時42分50秒
返信・引用 編集済
  バンが浅瀬で採餌する様子を見ていたら、
前方上空をカラスが小さな鳥に攻撃されながらやって来ました。
初めに撮った時刻が6:32:05でした。
建物の向こうに消えたのが6:32:49でしたから、
44秒以上追いかけまわされていたことになります。
その時は何鳥か不明でした。
帰宅して画像を見たらツバメでした。
多分、カラスがツバメのヒナを襲った(襲おうとした)ので
ツバメが3羽でカラスを攻撃していたのではないでしょうか。
勇敢なツバメの習性を目の当たりにしました。
 

骨折が完治でカメラ持てる喜び!!

 投稿者:高木大介メール  投稿日:2022年 5月 8日(日)19時07分59秒
返信・引用
  やっと骨折のギプスが外れて自由にカメラを持てるようになれました!!

五体満足の幸せを改めて感じました。

キビタキがお祝いに来てくれました!
 

バンの排泄

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2022年 5月 1日(日)23時30分44秒
返信・引用
  > No.1389[元記事へ]

4月30日の画像を見ていたら、
何やら白いものが写っていました。
初め足かと思いましたが、
3本あるはずがない。
・・・
・・・
・・・
糞でした。
バンは歩きながら排泄することが分かりました。
 

バンの足指について

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2022年 4月30日(土)18時31分15秒
返信・引用
  オオバンには足指に幅広いひれが付いています。
バンの足指は
水を掻きやすくするために
幅広くなっていることが分かります。
 

センダイムシクイ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 4月25日(月)23時27分41秒
返信・引用
  MFの森にいち早く到着した夏鳥、「焼酎一杯グイー」の囀りセンダイムシクイです。高い木の上にばかりいて中々下に降りて来てくれません。  

ヤブサメ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 4月24日(日)21時19分23秒
返信・引用
  夏鳥の中では比較的早く到着しており鳴き声はあちこちでしていたのですが、なんせ忍者鳥、声だけで姿が見つかりませんでしたが何とか見つけて撮影しました。  

オオルリも到着

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 4月24日(日)17時48分28秒
返信・引用 編集済
  同じくオオルリもやっと到着しました。こちらは僅かに囀りました。  

やっとキビタキが到着

 投稿者:太郎の父  投稿日:2022年 4月24日(日)17時43分29秒
返信・引用 編集済
  MFの森にやっとキビタキが到着しました。3~4秒の出会いでしたが、まだ囀りませんね。
 

サシバが到着

 投稿者:inoue  投稿日:2022年 4月21日(木)18時04分24秒
返信・引用
  今年もサシバが自宅近くの森に到着です  

/53