投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(3)
  2. 足あと帳(5)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


多々良沼カモ類 シギ類他⑫

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月30日(土)15時58分3秒
返信・引用
  弁財天周りでは、ツルシギ(最大12羽)が盛んに飛翔 採餌を繰り返しています。
又コハクチョウも近くに現れるようになりました。
又最近ミサゴは毎日現れ、運が良ければ最大3羽が狩に現れます。カメラマンの数も増えてきました。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑪

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月30日(土)15時51分19秒
返信・引用
  多々良沼全体ではハクチョウ40羽を超えてきました。30日はガバ沼コハクチョウに交じって、アメリカコハクチョウ3羽観察できました。例年通り当分留まりそうです。
昨年は11月28日 2羽の飛来でしたので、ほぼ同じ時期に飛来し(今年は29日)たようです。
オナガガモがガバ沼増えてきましたので、オオタカ狩の機会を狙っているようですが、狩はまだ見られません。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑪

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月29日(金)19時15分47秒
返信・引用
  ミコアイサ♀は沼全体では20羽以上見られますが、♂はまだ数羽のようです。
まだ白色パンダ色にはなっていません。徐々にきれいになると思います。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑩

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月29日(金)19時11分24秒
返信・引用
  ガバ沼にようやくハクチョウ(オオハクチョウ、コハクチョウ30羽程)数が増えてきました。
多々良沼はミコアイサ♂ ♀ セグロカモメ ツルシギ(12羽)等がカモ類に交じって見られます。
カンムリカイツブリは今年は非常に多いです。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑩

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月26日(火)16時13分42秒
返信・引用
  25日は多々良沼弁財天周りでは、コサギの群れ30羽程が最近観察できます。
コサギは足の黄色が美しいです。
又ツルシギ12羽、アオアシシギ4羽程ハマシギに交じって観察できます。カモ類非常に増えてきました。オオハシシギは抜けたようです。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑨

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月26日(火)16時07分45秒
返信・引用
  25日 26日は前日までの雨で、水田に水たまり、ハクチョウ稲の根採餌しやすくなり、多々良沼北の館林美術館前の水田でオオハクチョウ19羽が盛んに採餌しています。ガバ沼、多々良沼から朝採餌に出るようです。沼で見えなかったら、水田確認必要です。
近づいても警戒心全くありません。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑧

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月23日(土)15時06分37秒
返信・引用
  21日はカンムリカイツブリは沼全体で数か所に別れ、合計100羽以上と今年は今の時期としては、非常に多いようです。ハジロカイツブリも散見されます。
シギ類は相変わらず、ハマシギ、ツルシギに交じって、珍しくオオハシシギが見られます、一週間前から留まっているようです。いつまでいるでしょうか?。オオハクチョウは16羽、コハクチョウは10羽程度 ガバ沼含め見られます。
 

石打西通称神明堀遊水池東⑤

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月23日(土)14時56分19秒
返信・引用
  20日は風がありましたが、コガモ、オカヨシガモ、マガモ、オナガガモが盛んに採餌していました。
マガモは魚(フナ又はコイの稚魚)を捕らえましたが、飲み込めず諦めました。
コガモは数を増していきました、オカヨシガモも今年は20羽以上と10日以上留まっています。
ハシビロガモも増えているようです。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑨

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2019年11月15日(金)12時37分19秒
返信・引用
  本日はガバ沼 ミコアイサ♀6羽観察できました。オオハクチョウも4羽いました。
多々良沼にはオオハクチョウ10羽(写真参考)いましたので、計14羽と増えてきました。
 

Re: 鳥の羽毛

 投稿者:関上  投稿日:2019年11月15日(金)00時20分4秒
返信・引用 編集済
  > No.200[元記事へ]

仲間4人+ツツドリ幼鳥観察会画像です。
11月7日~10日撮影個体です。⇒地上で尾羽上げてる姿勢です。
11月11日pm2時~12日撮影個体です。⇒木上から降りる姿勢です。
11月13日~14日観察できません。⇒無事に渡り南下を祈ります。
上記、観察個体が同一ならば事故で南下できない個体と2羽が立冬(8日)を過ごした記録になります。
確認場所は玉村町です。
 

/18