<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(7)
  2. イソヒヨドリ情報(19)
  3. ワカケホンセイインコ情報(2)
  4. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ヨタカ様

 投稿者:関上  投稿日:2021年10月 6日(水)22時18分19秒
返信・引用
  > No.1053[元記事へ]

 ヨタカ様
ご回答ありがとうございました。
10月3日2羽観察出来ました。1羽は直ぐにコアオアシシギと確定出来ました。
保留した個体は嘴の反りでした。今季、本鳥種ミス投稿が1件有り、2回連続すると信用されなくなると思い投稿は1羽にしました。

依頼:HP管理者様
鳥だより10月3日「コアオアシシギ1羽→2羽」に変更願います。
又、画像1枚「鳥だより」に移動願います。
宜しくお願い致します。

           記:関上 秀雄
 

Re: ヨタカ様

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2021年10月 6日(水)21時21分52秒
返信・引用
  関上さま

 いつも興味深い情報をありがとうございます。結論から書きますと、私もコアオアシシギだと思います。

 嘴が上に反っているとのご指摘ですが、確かにわずかに曲がっているかもしれません。ですが、嘴全体の形状はアオアシシギではなく、コアオアシシギの嘴です。表現が難しいのですが、アオアシは嘴全体がもっと太く見え、特に付け根から真ん中あたりにかけてが太くがっしりした印象です。コアオの嘴は爪楊枝のように細く華奢に見え、私は「セイタカシギを小柄にしてアオアシの色に塗った鳥」というイメージを持っています(かえってわかりにくいですかね)。両種の違いは、シルエットの方が分かりやすいかもしれません。

 野鳥の会本部の画像集で両種を比較してみてください。嘴の印象の違いがよくわかると思います。

日本野鳥の会 BIRDFAN
アオアシシギ  https://www.birdfan.net/2019/11/01/74315/
コアオアシシギ https://www.birdfan.net/2018/10/05/65284/

 ご参考まで
 

ヨタカ様

 投稿者:関上  投稿日:2021年10月 5日(火)23時21分5秒
返信・引用
  3日から鳥種確定できない個体です。大きさはコアオアシシギ並みです。
白い眉斑が有ります。
問題は嘴が中央から先端にかけて上に反りが見られます(アオアシシギ特徴です)。
ヨタカ様に結論をお願い致します。久しぶりに表に書き込みました。
宜しくお願い致します。
 

三兄弟!

 投稿者:高木大介メール  投稿日:2021年10月 4日(月)08時29分17秒
返信・引用
  カワウ三兄弟でしょうか!

仲良く一緒に飛んでいます!

青空の中は気持ち良いだろうね~
いってらっしゃい!
 

ツツドリ幼鳥

 投稿者:岡野弘行  投稿日:2021年10月 3日(日)21時23分45秒
返信・引用 編集済
  来ているとの情報を得ていたので出掛けてみました。
なかなか撮るのは困難で成鳥の撮影は出来ませんでした。
ツツドリ普通型幼羽から第1回冬羽に換羽中のようです。
とうとう正面を向いてくれませんでした。
 

トビか急降下!

 投稿者:高木大介メール  投稿日:2021年10月 3日(日)19時59分10秒
返信・引用 編集済
  トビを撮っていたら、いきなり急降下してなんだろう??カワウかな?を襲っていました!

ジェットコースターのような速さでの急降下も驚きましたが、鳥を襲う場面も初めてみました。

ピーヒョロロ♪



 

ノビタキとホオアカ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年10月 3日(日)02時02分6秒
返信・引用
  MFの休耕田続き、自然の枝や草穂なら絵になりますがノビタキという奴は妙に人工物の杭が好きです。ポケ~っととまっています。顔に黒い夏羽の名残りがあるのもいますがきっと♂なのでしょう。久し振りに出会ったホオアカは地味な色合いに変化していました。秋ですね。  

ノビタキ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年10月 1日(金)20時42分42秒
返信・引用 編集済
  MFの休耕田、6月以来久し振りに行ってみました。目的はノビタキ。蕎麦の花もコスモスもない休耕田が目立つ田園地帯です。稲穂が揺れる田圃にも遊休農地の草原にも、夏羽を落とし地味な色合いに衣替えしたノビタキがいました。ここでもう少し過ごしたら旅立ちです。  

アカガシラサギ冬羽

 投稿者:岡野弘行  投稿日:2021年 9月30日(木)21時29分46秒
返信・引用 編集済
  鳥だよりに掲載されていたオグロシギを見に9月28日に出掛けてみました。オグロシギも観察できましたが何やら見たことのないサギを1羽発見し当初ササゴイの幼鳥かと思っていましたが、茶色っぽいのと首が長いので?と思い、30日になってから野鳥の会群馬ベテラン有志の皆さんに映像を確認していただいたところ、アカガシラサギだろうということになりました。
因みに3枚目は当初の目的であるオグロシギの映像です。
 

田圃から林へ

 投稿者:鳥見  投稿日:2021年 9月28日(火)21時50分27秒
返信・引用 編集済
  今日の鳥見です。  

/80