<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(8)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 見返りハヤブサ

 投稿者:管理室メール  投稿日:2020年 1月15日(水)15時42分44秒
返信・引用
  > No.242[元記事へ]

Sヒロセ様

この猛禽はノスリではないかと思われます。大きさはいかがでしたか?
コチョウゲンボウはかなり小さいです。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑳

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 1月14日(火)18時59分58秒
返信・引用
  今年の多々良沼は、カワウの数が異常に多い年です、漁協も大変です(12日観察時は714羽)
年明けから常時500羽以上います。14日は漁協の船がカワウ追い払いに奮闘していました。逃げる数百羽の飛翔は圧巻です。
ハクチョウはようやく160羽(オオハクチョウ多い)を超えました。今年はアメリカコハクチョウ4羽と多く、中に一羽ナキハクチョウと見間違う嘴の黄色全く無いアメコが一羽います、探して見るのも楽しいものです。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑲

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 1月14日(火)18時43分50秒
返信・引用
  多々良沼弁財天周り、ようやく水位低下で干潟現れ、タヒバリ、コチドリ、トウネン、オジロトウネン等の観察ができるようになりました。森ではツグミ、シメ等が数を増してきました。
しかしツルシギ、ハマシギ等シギ類が姿を消していますが、再飛来近いと思います。
 

見返りハヤブサ

 投稿者:Sヒロセ  投稿日:2020年 1月14日(火)18時35分41秒
返信・引用
  樋口様の「見返りハヤブサ」かっこいいですね。
ハヤブサは、目がチャームポイント。素敵です。

私も及ばずながら、年末にこんな猛禽を見つけました。大町に雷鳥を見に行った帰りに北アルプスが望める田んぼ上の電線にとまっていました。勝手にコチョウゲンボウと思いましたが、?です。
猛禽類は、ほんとにかっこいい。
 

梅に鶯

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 1月14日(火)18時21分42秒
返信・引用
  子年の今年は本厄ですので、中山道の県内最大の宿場として、利根川烏川水運の最終船着き場=河岸として大変賑わった倉賀野にある倉賀野神社に御参りしました。
彫刻や句碑等見所満載の敷地を散策していると、何やら可愛い声が聞こえて来ました。近くの山茶花に目をやると、美しいメジロが蜜を楽しんでいました。
私達を気にしている様子でしたが、しばらく愛らしい姿を見せてもらえました。梅に鶯ならぬ?山茶花に目白ですね。
ありがとうございました!新年早々縁起がいいですね。
 

見返りのチョウゲンボウ

 投稿者:樋口 メール  投稿日:2020年 1月12日(日)16時36分24秒
返信・引用 編集済
  元旦の烏川と新幹線のクロスするところにいました。しっかりこちらを見ているようです。
幼鳥のようです。
 

余の塵洗うたたら沼

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 1月 6日(月)11時23分19秒
返信・引用 編集済
  多々良沼一周の散策路では、穏やかな日は最高の散歩が楽しめます。様々な場所で、いろいろな野鳥の表情を観察することもでき、とてもうれしいですね。
以前、クイナの観察をしたことがある湿地に、一羽のツグミがいました。どこにでもいる鳥ですが、美しい体の線と色合いが大好きです。
初めは湿地を歩いていましたが、やがて水の中に入り、激しく水浴びをしました。1~2分後に水から上がると、近くの葦の茎にとまり、身繕いをしました。きれいになると、しばらく小さな木の枝で休んでいましたが、日を浴びてとてもきれいでした。
そう言えば、そのすぐ前に、松林の中でヤマガラも身繕いに精を出していました。写真を見ても、どこが頭が分かりません。
野鳥もおしゃれを楽しむんだなあと、あらためて思いました。
 

I LOVE 野鳥達!

 投稿者:Sヒロセ  投稿日:2020年 1月 4日(土)09時31分22秒
返信・引用
  大塩湖のルリビタキです。とても美しいですね。♂が2羽来ていると思います。11月には♀もいました。
ベニマシコもいます。昨年のように真っ赤なこはいませんが、嬉しいです。2羽いると聞いています。
カワセミも元気です。
ただ、下草等整美したせいか、野鳥達は少ないようです。ジョウビタキは1~2羽しか確認できません。寂しいですね。
 

謹賀新年

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2020年 1月 1日(水)07時59分56秒
返信・引用
  皆様のご健康と益々のご鳥運をお祈り申し上げます  

ヒメコンドルのその後

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2019年12月30日(月)00時14分18秒
返信・引用
  今年の正月(1月5日)、金古町のバードショウを見に行った時、ヒメコンドルがトビに追われて空高く舞い上がって西方へ消えてしまいました。その後、どうなったのか不明でした。ところが、12月27日(金)の上毛新聞西部版のタカタイに無事であったことが明記されていました。多分、GPSを装着されていたので、追跡・捕獲ができたのでしょう。1年振りに解決しました。  

/29