<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(7)
  2. イソヒヨドリ情報(19)
  3. ワカケホンセイインコ情報(2)
  4. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ヤブサメの幼鳥さん

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年 8月27日(金)21時33分28秒
返信・引用
  私的に今年はヤブサメの当たり年、葉っぱの向こうで動くもの・・ヤブサメを見つける時はいつもこんな感じです。これは幼鳥ですが円らな瞳で黒目勝ちです。・・というか全部黒目ですね。  

あなたはだ~れ?

 投稿者:上州人メール  投稿日:2021年 8月27日(金)18時32分37秒
返信・引用
  分からなかったので、見当を付けて調べてみたら、平地でも山でも普通に見られる鳥の幼鳥でした!

見てるようで、ちゃんと見ていないんですね?

 

メボソムシクイ

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年 8月26日(木)21時19分6秒
返信・引用
  撮ったまま3週間忘れていました。亜高山帯森の中の登山道で突然目の前の低木に現れたメボソムシクイです。極近距離の望遠レンズ絞り開放で被写界深度が浅く目以外にはピントが合っていません。慌てました。(笑)  

ルリビタキの幼鳥さん

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年 8月24日(火)20時22分6秒
返信・引用 編集済
  県境の亜高山帯は鳥の種類は少ないですが、やはり幼鳥の季節ではあります。冬場には公園や里山のアイドルである「ルリビタキ」も、亜高山の森の中幼鳥が賑やかに鳴きながら親を追いかけています。1枚~3枚目すべて別の幼鳥個体ですが成長の度合いがまちまちです。2枚目は保護色っぽくなってしまい目立ちませんね。  

それって旨いの?

 投稿者:上州人メール  投稿日:2021年 8月23日(月)18時43分25秒
返信・引用
  トケン(カッコウ科)以外の鳥が毛虫を咥えているところをあまり見た事がありません。

”のどごし”は良くないでしょうね!

それでもカッコウが毛虫を選食するのは

”托卵”という行為の贖罪でしょうか?




 

自然は大きなドラマ

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2021年 8月23日(月)16時54分32秒
返信・引用
  ようやくワクチン2回目(職域)が終わったというのに、緊急事態宣言発出で当分お出かけは禁止(自粛)。それでも、3か月ぶりに実家に帰って、お墓参りだけは済ませました。でも、飲食は、▲。もう1年半も、外食ってしてないなあ。ほんと、デルタ株って、怖い。

実家に向かう途中に、いつもの西毛お散歩コースを歩きました。まだ時刻は朝5時。Nラジ「マイあさ」だと思ったら、豪雨のために、気象情報に変わっていました。そう言えば、T川も真っ黒けの水が、轟轟と流れています。怖い。

それでも、爽やか野鳥さんは、いつもの通り、元気な姿を見せてくれました。大好きなカワセミさんもイソシギさんも、可愛い姿をたくさん見せてくれました。幸せ。
西毛地区を貫いて、イオンから県庁に向かう新しい道(橋)下まで来ると、突然、ホントにホント、突然に川から一羽の大きな鳥さんが目の前のフェンスにとまりました。「わあ、だれ、だれ?」と心の中で叫びながら、パチリと撮ったのが最初の写真です。オオタカさんですか?すっごくカッコいいね。
一枚だけ、私に姿を披露してくれたオオタカさんは、川の上空を一気に下流方面に飛んでいきました。あまりの突然のできごとに、心臓はバクバク。手はブルブル。
オオタカさんの後を追って、私も川を下ると、「あっ、カイツブリさん。しかも、親子。」『みんな、私の側から離れちゃダメよ。お兄ちゃん、ちびちゃんを怖い鷹から守ってあげて。』『怖いよ、ママ。』そんな声なき声が聞こえてきそうです。
また300m程下ると、『女王様。ここは、私たちゴイサギ軍団がお守りいたします。安心なさってください。』ですって。みんな、オオタカさんが怖かったのね。(そんなバカな!?)

と言うことで、自然は大きなドラマ。それを見せていただいているんですから、その分、思い切り愛してあげたいですね。私たちができることは小さなことだけど、小さな力を集めて、大きな力にしていきたいですね。それが〔力+力+力=協力〕もっと大きな力になることを信じて。
 

トンボ撮影で見上げたらノスリ!

 投稿者:高木大介メール  投稿日:2021年 8月22日(日)18時44分11秒
返信・引用 編集済
  幸運のトンボこと、ハグロトンボやアキアカネを撮っていたら空を見上げるとノスリが飛んでました。

トビとノスリの見分け方も野鳥の会の先輩方から、トビは初列風切が6枚でノスリは5枚。そして、ノスリが一回り小さくて、尾がトビは直線でノスリが扇形と教えて貰いましたね。

来月からまた、探鳥会再開にて楽しみにしてます。
今夜は8月の満月のスタージェンムーンですがお天気が心配だな~
 

亜高山帯の花・・この夏3

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年 8月22日(日)18時43分18秒
返信・引用 編集済
  続きです。鳥が撮れないもので花で恐縮です。
1枚目マルバダケブキ、2枚目シモツケ、3枚目ツリガネニンジン
新型コロナ感染急拡大での緊急事態宣言で9月の探鳥会開催は難しいのでしょうね?
 

亜高山帯の花・・この夏2

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年 8月22日(日)18時38分11秒
返信・引用
  続きです。1枚目ニッコウキスゲ、2枚目ハクサンフウロ、3枚目ウスユキソウ
撮影日はまちまちで違います。
 

亜高山帯の花・・この夏

 投稿者:太郎の父  投稿日:2021年 8月22日(日)18時31分3秒
返信・引用 編集済
  この夏、山に登った時に撮影した花々です。
1枚目キバナヤマオダマキ、2枚目クガイソウ、3枚目クルマユリ
 

/80