<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(16)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ニホンカモシカ

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2021年 3月21日(日)16時58分38秒
返信・引用
  野鳥ではありませんが、愛車のハンドルを握り軽井沢に向かって久々の峠越えで途中国道沿いの明るい林に、これも久し振りなニホンカモシカとの出会いでした。(安中市松井田町碓氷峠)  

邑楽町役場やすらぎの池手前池

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2021年 3月21日(日)15時57分4秒
返信・引用
  21日は小雨の一日でしたが、いつも通りヒクイナ観察中に突然タシギ二羽飛来しました。
ツガイでしょうか。
 

邑楽町役場やすらぎの池手前池

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2021年 3月21日(日)15時54分20秒
返信・引用
  20日はいつも通りヒクイナ観察中に突然コチドリ飛来しました。  

クイナ ミソサザイ

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2021年 3月19日(金)16時39分53秒
返信・引用
  邑楽町役場孫兵衛川さくら橋 大黒橋間ではクイナが数か所で確認できます。
観察場所としては クイナはさくら橋西で、毎日観察できます。近くで営巣しそうですが。ミソサザイは7日から16日迄観察できました。孫兵衛川で観察できるとはそれもかなり長く観察できるとは驚きです。
ヒクイナも橋間で見られますが、非常に困難です。
 

邑楽町役場周り

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2021年 3月19日(金)16時23分6秒
返信・引用
  邑楽町やすらぎの池手前の池で、今年もヒクイナ観察できるようになりました。
3月7日より観察できるようになりましたが、草原に入ると、見えませんので、運もあります。少し忍耐も必要です。
 

多々良沼 ガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2021年 3月19日(金)16時14分38秒
返信・引用
  18日は二年ぶりに(昨年はコロナ対策で中止)多々良沼葦焼が無事に終了しました。
葦焼時は野鳥類周辺に避難していましたが、午後及び19日はアオアシシギ4羽、ハクチョウ(オオハクチョウ、コハクチョウ等)5羽がまだ残っていました。これからシギ類最後の立ち寄りがありそうです。
 

ルリビタキ他

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2021年 3月19日(金)02時33分7秒
返信・引用
  今季まだ見ていないミヤマホオジロがいたとの情報をJYさんからいただき、富岡のマイフィールドに出掛けて見ました。僅か一瞬2秒間くらいの出会いでしたが確かにいました。なんとか証拠写真も撮れました。いつものルリビタキとウグイスも出て来てくれました。  

カラスの独り言

 投稿者:かかしメール  投稿日:2021年 3月17日(水)16時16分15秒
返信・引用 編集済
  おいらたちは、この羽の色のせいでイメージが良くない!
“鴉の濡れ羽色”なんて言葉もあるけど、今や死語!(誰かさんの好きな“濡れ場”とは違うよ)

最近は“スカベンジャー”とか言われている!
意味は良く分からないが、いい響きじゃないね!

東北で、カラスの大群が出没して迷惑がられているが
あいつらは、冬に中国からやって来る“ミヤマガラス”って言うよそ者さ!
一緒にされたら、こっちが迷惑だ!

昔は九州辺りにしかやって来なかったけど、今は日本中にやって来る!
数が少ないうちは、バードウオチャーには珍しがられていたけど...
今は“タダ”の嫌われ者
カラスは"爆買い”してくれないからね!
 

Re: 大型カモメとヒヨドリ

 投稿者:ミモザメール  投稿日:2021年 3月17日(水)13時05分25秒
返信・引用
  記入忘れです。庭で幼鳥を何度か見ています。1羽又は2羽で来ていました。大きさは親鳥とほぼ同じで羽が十分に生えきっていない状態でした。親と一緒に来ている事もありました。  

Re: 大型カモメとヒヨドリ

 投稿者:ミモザメール  投稿日:2021年 3月17日(水)09時08分0秒
返信・引用
  > No.648[元記事へ]

ヒヨドリ、高碕地区で見るは留鳥と私は思っています。個体の識別は出来ませんが通年庭の水盤に来ています。集団で見たのは10年は経っていないと思いますが、隣の桜の木(葉のない時期)に20羽程いたことがあります。その他は近所の公園で木の実をついばむ10羽程でしょうか。庭に通常は1羽、今の時期は番でも来ています。偶に鉢合わせして追い払らわれてりしています。この時期リンゴの皮や芯を刻んで置いてやると直ぐ来ます。番で来ているのを見ると上下関係がはっきりしているのが判ります。1羽のみが食べて相方は側で見ているだけです。相方に全く配慮無し、1羽が食べ尽くします。1羽で来ている時で食べきれない時は、近くで見張って離れません。参考になればと投稿しました。
 

/51