<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(8)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


野鳥のみ保護

 投稿者:中島メール  投稿日:2020年 4月24日(金)17時45分14秒
返信・引用
  前橋在住の中島と申します。

1時間程前に近所の道で、ツバメ成鳥を保護しました。

野鳥は基本、飛べなくてもそのままにしておくのが基本だとは知っておりますが
車の往来の激しい道路で、そのまま車にひかれてしまうのを見過ごす事ができませんでした。

もう20年以上も昔ですが
同じ様に野鳥を保護した際に、野鳥の会の高崎支部から、野鳥の保護をして下さる会員さんを紹介してもらった事があるのですが
今でも同じ様に紹介していただけるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

高崎支部の電話が時間外で繋がらず、土日になってしまうため掲示板に投稿させていただきました。
 

偶然

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 4月21日(火)18時23分58秒
返信・引用
  鳥だよりを見させていただきました。オオルリやノビタキ、サンショウクイさんは見たことがありません。いつか見たいなあ。
テレワークなので、定時には仕事を終えて、近くに散策に出ました。桜が散って、菜の花も種に変わりました。たくさんいたオオバンさんやオナガガモさんは、姿が見えなくなりました。少し寂しい川沿いですが、いつもの橋までは行かないとね。運動不足!?
ツバメさんが、鳴きながら飛び回っています。あっ、留まった。偶然、川から出ている小さな杭にツバメさんが留まったのです。かわいい!スマートで綺麗なんだね!初めてゆっくり見ましたよ。
少し歩くと今度はカワラヒワさんが、やっぱり偶然、菜の花に留まりました。いっぱいいるから注目度低いけど、絶対にカワラヒワさんは綺麗ですよね!
たった30分の散策でしたが、たくさんの野鳥さんが元気に飛び回っていました。みんな、幸せそうだね。私も幸せをいただきました!ありがとう!
写真は、モズさんです。大好き!
 

ノビタキ

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 4月21日(火)17時49分50秒
返信・引用
  登利平富岡店すぐ脇を流れる高田川には、レアな野鳥がいっぱい。イソヒヨドリにコムクドリ、そして、ノビタキです。先程散歩していると、足下の草むらから飛び立った黒っぽい鳥が川向こうの木の枝にとまりました。ファインダーをのぞくとノビタキ!でした。昨夏、八島が原湿原で会って以来の再会。うれしかったです。  

再会

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 4月21日(火)11時59分56秒
返信・引用 編集済
  テレワークで車での外出が減り、散歩が唯一の楽しみになりました。
たった一羽でいたキンクロハジロのもとに、パートナー?が帰ってきました。自粛の中出歩く悪いオス。メスと再会です。
また、コムクドリにも再会しました。今朝も会いましたから、川縁にすんでいると思われます。
 

頭上で囀るウグイス

 投稿者:三井田進メール  投稿日:2020年 4月16日(木)23時21分6秒
返信・引用
  4月16日の朝、中之条町で連日、○○猛禽撮影中たまたま至近に寄ってきた春告げ鳥ウグイスが、画像の通り大変なラッキーチャンスに恵まれた。ふだん藪の中から鳴きはきこえてもその姿さえ見れないのに青空バックの頭上10mで大木の枝から枝にちょこちょこ囀りながら盛んに鳴きまくっていた。ウグイスはよほど暖かい春の陽気に誘われて太陽の光をたっぷりと浴びたかったに違いなく重量三脚の振り回しには少し苦労した。レンズはハチゴロウの一人撮影。  

コムクドリ?

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 4月15日(水)09時54分17秒
返信・引用 編集済
  自粛要請中の12日に、高田川の近くを歩きました。野鳥が芽吹いたばかりの木に留まったので撮影すると、コムクドリ?が写っていました。2つめの写真のこの愛らしい顔がコムクドリらしいです。キンクロハジロは、たった一羽でいました。少し心配です。
 

鳶の営巣確認

 投稿者:アオキメール  投稿日:2020年 4月11日(土)22時35分10秒
返信・引用
  我が家の隣に小さな森がありますが、その中の杉の木に鳶が営巣を始めました。
私は特別観察するつもりはありませんが、野鳥の会の方で観察したい希望があれば、案内したいと思います。下記メイルにご一報下さい。
saokisan@dol.hi-ho.ne.jp
 

えっ、幼鳥?

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 4月10日(金)12時37分39秒
返信・引用
  私の街でもクラスターが発生して、街中が緊張状態です。学校の休みも長引き、日本は、群馬はどうなってしまうんでしょう。久しぶりにホームページを見たら、会の活動もほぼ休止。緊急事態なんですね。
ですから、楽しみはいつもの散歩だけです。近くの川は、いつも通り、きれいに流れています。
あんなにいっぱいいたのに、しばらくカワセミさんを見ませんでした。私が嫌いで、どこかへ行っちゃったのかな?でも、最近、ようく見るんです。何羽も何羽も。川上へ行ったり、川下へ向かったり。中には、大きく川筋を離れて建物の上に行ったり、歩いている私の頭上をビューン。どうしちゃったの?ざっと数えても、5~6羽はいます。すごいカワセミ密度。
何かある!こんなに騒ぐカワセミさんってあり得ない。きっと理由がある。
あっ、あの子は?えっ、まさか幼鳥?さっきあそこにとまったんですよ。そして、「チッチッチッチッ、チー。」と小さく鳴いているあの子は、きっと幼鳥だ。偽傷する鳥さんがいるように、親鳥たちはきっと偽“騒”してるんだ。
朝日に照らされたカワセミ幼鳥?さんは静かにたたずんで、鳴き、親鳥がくるのを待っていました。でも、飛ぶんですよ。案外上手に。
散歩の折り返し地点では、菜の花畑の上をセッカが「ヒッヒッヒッヒッ チチン チチン チチン」と鳴きながら飛んでいました。
世間は暗い雰囲気に包まれていますが、確実に季節は進んでいるんですね。
と思ってたら、ベニマシコさんがまだいました。「フィッ、フィッ、フィッ、、ピポ」と辺りに響き渡る声で元気に鳴いていました。嬉しかったですねえ。
 

イソヒヨドリ

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 4月10日(金)11時56分12秒
返信・引用
  ありがとうございました。チドリも全く区別がつきません。

5日(日)に富岡市七日市の高田川にイソヒヨドリのつがいがいました。繁殖してくれるといいなと思います。高田川でのイソヒヨドリ目撃が多く、期待します。
 

Re: 登利平にイソヒヨドリ

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年 4月 1日(水)19時05分49秒
返信・引用
  > No.325[元記事へ]

ナカヤマ様

 イソヒヨドリは全国的に内陸へ進出しています。群馬でも分布が拡大してきているので、こういった記録が重要です。鳥だよりへ記録の投稿をお願いします。報告者は本名でもハンドルネームでも大丈夫です。

 宜しくお願いします。
 

/29