<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(13)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


多々良沼 ガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年11月16日(月)16時19分34秒
返信・引用
  ヘラサギは10日飛来し、ガバ沼で16日も盛んに採餌しています。
16日はオオハクチョウ13羽飛来していました。
 

邑楽町石打西神明堀遊水池

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年11月16日(月)16時15分9秒
返信・引用
  ようやくカモ類飛来し初めました。餌は非常に豊富ですので、春先まで観察できます。
今年はオオバンの数が特に多いようです。
オカヨシガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモ等が今観察できます。
年末からは、オオタカ、ハヤブサの狩も運が良ければ見られます。
 

赤城自然園散策11/11

 投稿者:森野洋一郎  投稿日:2020年11月14日(土)07時21分56秒
返信・引用
  ボーグ携え紅葉狩り兼ねての散策、普段鳴き声ばかりで、なかなか姿を見せない
カケス、カビチョウが散策路そばに、灌木の上にはカケス、下ではカビチョウが
小群で食事中
 

コチョウゲンボウ

 投稿者:樋口 メール  投稿日:2020年11月13日(金)18時28分21秒
返信・引用
  コチョウゲンボウ2体ですが、片方は今年の7がつでもう一方は11月です。場所が20mぐらいしか離れていませんので同じ個体ならうれしいのですが…  

Re: お尋ね

 投稿者:TGM  投稿日:2020年11月12日(木)20時21分17秒
返信・引用
  ヨタカ様
ご返答ありがとうございます。初見でしたので半信半疑な思いもありましたが、同定して頂き、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。鳥だよりにも投稿させて頂きます。この度は大変ありがとうございました。またお世話になることがあるかと思います。よろしくお願い致します。
 

多々良沼 弁財天周り

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年11月12日(木)15時36分1秒
返信・引用
  今年はシギ類まだ少ないですが、ツルシギ、アオアシシギ、ハマシギいつも観察できます。
現在はカモ類少なく(狩猟解禁前で渡良瀬川等に移動中?)、特にカンムリカイツブリ数を増しています。
 

多々良沼 ガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年11月12日(木)15時27分24秒
返信・引用
  10日よりヘラサギが観察されます。12日はガバ沼に現れました。
現在ガバ沼にはコウノトリ(1羽)、オオハクチョウ(8羽)、オナガガモが集まっています。ヘラサギはまだ留まりそうです。ただし見えない葦原に入ると見えません。
 

Re: お尋ね

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年11月11日(水)22時47分15秒
返信・引用
  TGM様

 貴重な記録をありがとうございます。私もヨーロッパトウネンだと思います。換羽の時期に
ついては調べないと何とも言えませんが、1~4の特徴に加え、脇の褐色部分のボツボツが粗く
大きく見える点や、眉斑がキリアイのように二股になっている名残のように見える点も、それ
っぽいです。県内では2010年の記録以来、2例目だと思われます。写真付きで、ぜひ鳥だより
に投稿してください。宜しくお願いします。

> 1.三列風切から雨覆にかけて軸斑が黒く、淡褐色の羽縁とのコントラストが強く見える。
> 2.尾羽の先端から、初列風切先端が突出しているように見える。
> 3.肩羽に出ている冬羽の軸斑が太く見える。
> 4.足が長く見える。

 

いつもの仲間

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年11月11日(水)15時13分58秒
返信・引用
  毎朝の健康散歩も、暗さと寒さに負けそうで、いつも「エイッ。」布団から飛び出ています。
でも、いつもの川辺の公園に足を進めれば、いつもの仲間がたくさん待っていてくれます。ありがとう。
最近、イカルさんがいっぱい飛び回っています。今朝なんて、30羽くらいケヤキの梢と河原を行ったり来たりしていました。「ケッケッケッ」という鳴き声で移動したかと思うと、美しい声でさえずる。なんて魅力的な鳥さん。“ウルトラ・ホワイト・ダウン”いっぱいで暖ったかそうだね。
ツグミさんも、最近仲間入りしました。初めは恥ずかしそうに葉っぱに隠れていましたが、今では、1番目立つところでお休み。つぶらな瞳が何ともかわいい。
カワセミさんも、私のアイドルです。いつでも必ず出迎えてくれ、じっと観察させてくれます。この日は、その場で3回転して、「あなた、モデルさん!!」
シジュウカラさんやメジロさん、ホオジロさん、モズさん、セキレイさん。いつもの仲間に囲まれて、いつもの幸せな1日の始まりです。
 

お尋ね

 投稿者:TGM  投稿日:2020年11月11日(水)07時55分19秒
返信・引用
  この度はお世話になります。
11月8日に多々良沼で観察した鳥です。ヨーロッパトウネンの幼羽から第1回冬羽に移行中の個体と思っているのですが、多数の方に見て頂き、判断を仰いだ方が良いと考え投稿させて頂きました。私がそう思う理由を書いてみます。
1.三列風切から雨覆にかけて軸斑が黒く、淡褐色の羽縁とのコントラストが強く見える。(これがヨーロッパトウネン幼鳥の特徴と思い、幼羽とした理由です)
2.尾羽の先端から、初列風切先端が突出しているように見える。
3.肩羽に出ている冬羽の軸斑が太く見える。
4.足が長く見える。
また、あくまでも参考程度だとは思いますが、当日は近くにトウネン、オジロトウネンもいて、冬羽に換羽が終わっているように見えました。その中で、この時期に換羽中というのがちょっと異質な感じを受けました。
以上になります。よろしくお願い致します。
 

/43