<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(8)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


コムクドリ?

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 4月15日(水)09時54分17秒
返信・引用 編集済
  自粛要請中の12日に、高田川の近くを歩きました。野鳥が芽吹いたばかりの木に留まったので撮影すると、コムクドリ?が写っていました。2つめの写真のこの愛らしい顔がコムクドリらしいです。キンクロハジロは、たった一羽でいました。少し心配です。
 

鳶の営巣確認

 投稿者:アオキメール  投稿日:2020年 4月11日(土)22時35分10秒
返信・引用
  我が家の隣に小さな森がありますが、その中の杉の木に鳶が営巣を始めました。
私は特別観察するつもりはありませんが、野鳥の会の方で観察したい希望があれば、案内したいと思います。下記メイルにご一報下さい。
saokisan@dol.hi-ho.ne.jp
 

えっ、幼鳥?

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 4月10日(金)12時37分39秒
返信・引用
  私の街でもクラスターが発生して、街中が緊張状態です。学校の休みも長引き、日本は、群馬はどうなってしまうんでしょう。久しぶりにホームページを見たら、会の活動もほぼ休止。緊急事態なんですね。
ですから、楽しみはいつもの散歩だけです。近くの川は、いつも通り、きれいに流れています。
あんなにいっぱいいたのに、しばらくカワセミさんを見ませんでした。私が嫌いで、どこかへ行っちゃったのかな?でも、最近、ようく見るんです。何羽も何羽も。川上へ行ったり、川下へ向かったり。中には、大きく川筋を離れて建物の上に行ったり、歩いている私の頭上をビューン。どうしちゃったの?ざっと数えても、5~6羽はいます。すごいカワセミ密度。
何かある!こんなに騒ぐカワセミさんってあり得ない。きっと理由がある。
あっ、あの子は?えっ、まさか幼鳥?さっきあそこにとまったんですよ。そして、「チッチッチッチッ、チー。」と小さく鳴いているあの子は、きっと幼鳥だ。偽傷する鳥さんがいるように、親鳥たちはきっと偽“騒”してるんだ。
朝日に照らされたカワセミ幼鳥?さんは静かにたたずんで、鳴き、親鳥がくるのを待っていました。でも、飛ぶんですよ。案外上手に。
散歩の折り返し地点では、菜の花畑の上をセッカが「ヒッヒッヒッヒッ チチン チチン チチン」と鳴きながら飛んでいました。
世間は暗い雰囲気に包まれていますが、確実に季節は進んでいるんですね。
と思ってたら、ベニマシコさんがまだいました。「フィッ、フィッ、フィッ、、ピポ」と辺りに響き渡る声で元気に鳴いていました。嬉しかったですねえ。
 

イソヒヨドリ

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 4月10日(金)11時56分12秒
返信・引用
  ありがとうございました。チドリも全く区別がつきません。

5日(日)に富岡市七日市の高田川にイソヒヨドリのつがいがいました。繁殖してくれるといいなと思います。高田川でのイソヒヨドリ目撃が多く、期待します。
 

Re: 登利平にイソヒヨドリ

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年 4月 1日(水)19時05分49秒
返信・引用
  > No.325[元記事へ]

ナカヤマ様

 イソヒヨドリは全国的に内陸へ進出しています。群馬でも分布が拡大してきているので、こういった記録が重要です。鳥だよりへ記録の投稿をお願いします。報告者は本名でもハンドルネームでも大丈夫です。

 宜しくお願いします。
 

春爛漫

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 3月31日(火)16時40分20秒
返信・引用
  近くでも感染する方がいらして、完全自主的な自粛(日本語になってません!?)に入りました。それでも、仕事は待ってくれないし、意を決して毎朝玄関を出ています。みなさんも気をつけてください。
誰もいない自然の中でなら散歩もいいかな?と近所の川沿いに足を向けてみました。知らない間にツバメが無数に飛び交い、ヒバリがあんなに空の上で歌を歌っているんです。もうすっかり春なんですね。
河畔の道には、春の花が咲き乱れていました。ソメイヨシノは入学式を待たずに、もう満開。菜の花も綺麗に咲きそろいました。春爛漫ですね。鳥さんたちも、ウキウキ気分で足早に来た春を楽しんでいるようでした。
今年はとてもそんな気分になれませんが、かわいい野鳥や美しい花を見るときだけは、悲しく怖い話題を忘れ去りたいですね。
 

登利平にイソヒヨドリ

 投稿者:ナカヤマ  投稿日:2020年 3月31日(火)16時17分46秒
返信・引用
  川沿いの登利平の外壁にいたイソヒヨドリです。高田川沿いの杭にとまったときに私の姿を見て慌てて登利平富岡店の壁に避難しました。きれいですね。
 

サクラとスズメ

 投稿者:せきれいメール  投稿日:2020年 3月29日(日)13時17分47秒
返信・引用
  サクラの季節になるとスズメがサクラを啄む様子が見られます。
毎年同じサクラの木にやってくるので不思議に思っています。
甘さが違うのでしょうか?満開前の3月25日の画像です。
 

ヒレンジャクの水浴

 投稿者:三井田 進メール  投稿日:2020年 3月28日(土)22時13分54秒
返信・引用
  公園の人影も3人程度とまだ少ない3月9日早朝での撮影。何と言っても朝光線は鳥さんを生き生きと見せてくれる。ヤドリギの実を食すと一気に水場へ、間を置きながらの水浴の前、中間、後の3コマ。前コマは水の輪が、さらに主役を引き立ててくれた。浴後の飛び出し飛翔は綺麗だが撮れても少しピンアマで残念。  

Re: イカルチドリ

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年 3月26日(木)00時28分59秒
返信・引用
  > No.317[元記事へ]

丸っこくて、かわいいですね。朝日で本当にきれいです。
でも、もしかしたら、この個体はコチドリではありませんか?
 

/29