<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(16)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ハイイロチュウヒ♀

 投稿者:ルリちゃんのお父さんメール  投稿日:2021年 3月 4日(木)23時53分58秒
返信・引用
  伊勢崎市内利根川河川敷にて対岸に飛来、当初チュウヒと思うが、後日現地にて撮影、ハイイロチュウヒ♀と確認。  

大空の1羽

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2021年 3月 4日(木)00時45分17秒
返信・引用
  県内どこでも見られるヒヨドリですが、
今身近にいる地味で野菜を食べたりして嫌われるヒヨドリは、
夏はどこで暮らすのでしょうか?
ヒヨドリは秋、南の方へ移動することが知られています。
私は四国の佐多岬からヒヨドリが一塊になって海面すれすれに
飛んで九州の方へ行くのを見たことがあります。
春の移動の時期に今いるヒヨドリは北の方へ移動すると思うのですが
何処まで行くのでしょうか?
東北地方?
北海道まで行くのでしょうか?

 

野鳥観察教室

 投稿者:中山誠司  投稿日:2021年 3月 3日(水)16時51分31秒
返信・引用
  1年間、子供たちなりに野鳥の学習を重ねてきました。少し陽気がよくなってきた「ひな祭りの日」に近くの貯水池にでかけ、野鳥観察教室を開きました。
とは言っても、講師が私ですから、・・・。
でも、子供たちは今までの学習の成果を発揮して、たくさんの発見をし、野鳥の生きた姿に感動していました。「オオバンだ。」「あれはコガモ。」と見つけるたびに大騒ぎ!?私にとって当たり前の野鳥も、子供たちにとってはすごく貴重な姿なんですね。
でも、その熱心さに、あのアイドルもついに顔を出してくれました。まさか!!と思いつつも、子供たちに地元1番?のアイドルを見せることができて大感激でした。子供たちも、最高に感動していました。野鳥がまた、よりいっそう大好きになってくれたかな?くれたよね。
大イベントも終わりましたが、これからは、家庭に帰って地域の自然を愛していただけたらと思います。やっぱり野鳥は素晴らしい。純真な子供たちさえ虜にしてしまう、最愛の存在です!!
 

何カモメでしょうか?

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2021年 3月 3日(水)12時43分53秒
返信・引用 編集済
  3月3日10:00~10:40

新鏑川橋の下流にマガンがいるかと見に行きました。
「鏑川白鳥を守る会」の白板に2日白鳥が0との記録がありました。
白鳥と一緒にマガンは北へ帰って行ったと思われました。

大きなカモメが対岸にいました。
しばらくすると新鏑川橋の照明灯の突端で休んでいました。
セグロカモメあるいはオオセグロカモメと思われますがご教示ください。
 

ルリビタキ・ソウシチョウ

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2021年 2月28日(日)02時10分35秒
返信・引用 編集済
  2月27日の多野藤岡分会竹沼探鳥会にて、綺麗なルリビタキとソウシチョウに出会うことができました。  

イワヒバリとハギマシコ

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2021年 2月27日(土)21時04分1秒
返信・引用
  路面凍結に注意しながら峠越えする最中に小鳥が目の前を横切ったので慌てて助手席の望遠カメラを掴み外に飛び出し2~3枚連写、後で確認するとハギマシコでした。逆光と焦りから眠たい写真となってしまいました。その後峠付近で越冬中のイワヒバリと出会えました。  

コハクチョウ

 投稿者:GTK  投稿日:2021年 2月25日(木)22時09分29秒
返信・引用 編集済
  ①翼の羽根抜け?。飛翔は問題ない。
②残留する個体。春彼岸が直ぐ来るので追悼する。
③北帰行する個体。
 

ハトの独り言

 投稿者:かかしメール  投稿日:2021年 2月23日(火)19時14分3秒
返信・引用 編集済
  公園の池に見慣れないカモが1羽来ている
光線の加減で頭の色が凄く綺麗だとか

所詮、物珍しさ!ありふれたものには興味を示さないのが人間!
おいらだって、よく見れば微妙な色合いをしてるのだ!
”構造色”ってやつさ!

もっとも、おいらたちは”野鳥”と見なされていない!
カモやハクチョウだって人間から餌を貰っているけどね!
なに?・・・それより出自の問題が?・・・

それを言うか!・・・
森喜朗よりたちが悪いわ!
 

ノスリの狩り

 投稿者:吉井一仁メール  投稿日:2021年 2月21日(日)22時23分54秒
返信・引用 編集済
  2月21日
14:13 ノスリが電柱から電線に移ってじっと下の獲物を狙っていた。
 ↓  電線の同じ場所で狙っていた。
 ↓  下の枯れ草畑にスズメが沢山いたのでスズメを狙っていると思っていた。
14:53 急降下して捕まえたのはネズミだった。
 ↓  近くの麦畑に咥えて行って食した。
15:03 食べ終わると電線のほぼ同じ位置に戻ってきて
    下の方を見つめていた。
      
 

狙われた狐

 投稿者:GTK  投稿日:2021年 2月20日(土)22時41分32秒
返信・引用 編集済
  狐の心境は「烏の集団は怖い早く輪から抜け出そう」。  

/51