<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(8)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あなたは、凄い!

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 3月15日(日)21時12分50秒
返信・引用 編集済
  カラ類には、イケメン(ダンディ?)な子が多いかな?と思いますが、シジュウカラさんは、緑色のスーツに黒ネクタイというとびっきりのスタイリストですね!
冬の間は、なかなか落ち着いてその身を現してくれませんでしたが、この頃、私たちの前に、はっきり姿を見せてくれることが多く?なりました。よく見える所で、「ツッピンツッピン」と鳴く姿は、とても凛々しいですね!
野鳥のことを全く知らない私は、鳥さんの鳴き声を、単に何かの合図だと思っていました。縄張りの合図、警戒の合図、求愛の合図・・・みたいに。ですから、今日のNHK総合「ダーウィンが来た」を見て、すご~いと感激してしまいました。
今夜の主人公は、シジュウカラさん。シジュウカラさんは、何と!文として言葉を話すことができるというのです。例えば、「ピツピン、ジジジジ」?は、「警戒して!集まって!」なんだとか。番組の中では、♂の呼びかけに♀とヤマガラさんが集まって来て、鳴いてネコを巣の近くから追い出していました。文として言葉を話すのは、人間以外、シジュウカラさんだけなんですって。ヤマガラさんは、シジュウカラさんと混群をつくることが多く、言葉が分かるんですって。ホント凄いですね!
自然の中にも、住宅街にもたくさんいるので、見かけても、ご挨拶するくらいですが、あなたは、凄い!
可愛く美しいだけじゃなくて、自然界随一のバイリンガルなんですね!
なぜか、メジロさんの写真も入れました。
 

多々良沼 彫刻の小径館林美術館側②

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 3月 9日(月)16時25分34秒
返信・引用
  9日久しぶりにトラツグミ観察できました。下草刈られていますので、よく見れば発見可能です。
採餌は活発です。当分留まりそうです。尚エナガ、ビンズイ、カシラダカ、カケス他観察できます。
 

多々良沼 彫刻の小径館林美術館側①

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 3月 9日(月)16時18分34秒
返信・引用
  3月7日、9日久しぶりに多々良沼北館林美術館側彫刻の小径観察してみました。
7日はキクイタダキ10羽以上の集団が、シジュウカラ、エナガ、コゲラに交じって杉、ヒバの木で
盛んに採餌し、時折水辺に降りたりしました。おかげで頭頂の黄色よく観察できました。
10羽以上いましたので、♀の赤線見えるとよかったのですが。9日もいましたので当分留まりそうです。
 

真っ赤なベニマシコ

 投稿者:Sヒロセ  投稿日:2020年 3月 8日(日)21時05分44秒
返信・引用
  大塩湖に、久しぶりに行きました。
春らしい陽気の中、楽しく湖畔を歩きましたが、以前ベニマシコを見た場所で地鳴きが聞こえてきました。声を頼りに探してみると、真っ赤なベニマシコが一羽で種を食べていました。
お正月の頃はまだ薄い紅色でした。違う個体でしょうか?
そう言えば、違う場所でも地鳴きがしていました。
大塩湖のベニマシコは、少し増えた印象です。
 

幸せ

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 3月 6日(金)18時30分12秒
返信・引用 編集済
  明るい写真がありました。相変わらず下手な写真ですが。
それにしても、ジョウビタキ♀さんは、可愛い!!!ミスWild Birdですね!
 

幸せ

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 3月 5日(木)20時18分16秒
返信・引用 編集済
  怖い感染症の蔓延で、幸せな日常を奪われてしまいましたね。マスクに続いて紙類も店頭から消え、どうなるんでしょう?
人混みは▲ですから、休日は自然の中ヘ。あっ、これは変わりませんね!?
庚申山公園は初めてですが、よく行く未来館の裏なんですね。
車を降りると、えっ、ドラミング?あの声は?アカゲラさん。実は、近くにいらした散歩中のおじさまに見つけていただきました。名作絵本「きつつきの商売」の主人公アカゲラさん。美しい!!
庚申山に向かうと、綺麗な声!生け垣の中に小さい子?私も隠れて見てると、何あの子、キ・レ・イ!!七色の可愛い野鳥。初めてです。
後で調べると、ソウシチョウさんでした。特定外来生物!?他の野鳥に迷惑かけてるの?
人間の都合で連れて来られ、いらなくなったら放す。可哀想!何か、自然を壊しているのは、みんな人間なんですね。考えてしまいました。
ソウシチョウさん、今、幸せなのかな?見た目は幸せそうだけど、本当はどうなの?
帰りに池の所にベニマシコさんもいました。
私はこの散歩で、久しぶりに幸せ感じたけど、野鳥さんはみんな幸せなんだろうか?少なくとも、私は、野鳥さんに迷惑はかけたくないと、あらためて思いました。
 

 投稿者:Sヒロセ  投稿日:2020年 3月 1日(日)04時38分50秒
返信・引用
  季節は春。大好きな冬鳥たちとのお別れが近づいて来ました。近くの公園には、春の訪れを感じさせる風景がいっぱいでした。嫌なニュースを忘れさせてくれる野鳥達です。  

多々良沼の出来事

 投稿者:鳥とカメラ好き  投稿日:2020年 2月29日(土)22時11分49秒
返信・引用
  鳥にとって釣り針・テグスのたぐいは、凶器になって命を落とす鳥もいるが、
何気なく捨てられた、思わぬ物がやはり鳥の命を脅かしている。

 多々良沼はカラスが多く見られる環境であり、冬のミヤマガラスの群れは、
 毎年楽しみの1つでもある。

 このハシボソ君、その後はどうなったのか、追跡は出来なかったが、
 無事に缶が外れたであろうことを願うのみである。
 

Re: 最高の瞬間

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 2月24日(月)19時14分21秒
返信・引用
  すみません。カシラダカさんとキセキレイくんを忘れていました。
そうそう、今日初めて、ホオジロさんの「一筆啓上」を聴かせていただきました。ありがとうございました。
 

最高の瞬間

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 2月24日(月)18時40分54秒
返信・引用
  “親切な家”開店1時間前から寒い中並んだご褒美?で、何と箱入り娘ではなく箱に入ったマスクをいただけました。ありがとう!これで、今週一週間、がんばれます!
それでも、人混みで心身ともに疲れ果てた私は、近くのいつもの散歩道に迷い込んで行きました。
すると、散策路のきらめく☆さんたちが、みんなごあいさつに出て来てくれたんです。
ベニマシコさんにクサシギくん、キセキレイさん・カシラダカちゃん…。がんばったお祝いをみんなでしてくれたんですね!?
これで、今週一週間、がんばれます!!体も心も、思いっ切り癒されました。
ありがとうマスク、じゃなくて野鳥さんたち。本当に野鳥って素晴らしい!!!
 

/29