<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(13)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


蕎麦ノビ

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2020年10月28日(水)21時09分26秒
返信・引用
  渋川市の蕎麦畑、今年流行りの蕎麦ノビです。  

Re: 多々良沼 弁財天北側

 投稿者:K  投稿日:2020年10月28日(水)21時06分9秒
返信・引用
  > No.496[元記事へ]

火曜日、ハクチョウ2羽みました。1羽が顔をあげているところを見ましたが、オオハクチョウでした。
 

多々良沼 弁財天北側

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月27日(火)18時55分58秒
返信・引用
  今年は一週間前から、カンムリカイツブリ見られ、今日は沼全体で5羽程観察できました。
カモ類はマガモ飛来しました。
シギ類はツルシギも、アオアシシギ、ハマシギに交じって見られます。
ガバ沼にハクチョウ二羽(コハクチョウ?)本日飛来しましたが、疲れから寝ていますので判別できません。
 

多々良沼 ガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月27日(火)18時49分29秒
返信・引用
  今年は多々良沼コウノトリ頻繁に観察できます。本日は3羽盛んに採餌していました。
一羽は足環から 2019年7月野田放鳥 J0238です。他は確認できません。
25日はJ0237一羽監察しました。
 

カケス

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2020年10月25日(日)20時31分48秒
返信・引用 編集済
  身近にいるカケスですが、警戒心が強くなかなか撮影させてくれません。玉村の河川敷公園の森で一瞬油断したカケスを撮影することができました。  

多々良沼 弁財天北側他

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月25日(日)17時29分17秒
返信・引用
  コウノトリ(J0237)は多々良沼周りに留まっているようです。
シギ類はアオアシシギ、ツルシギ、ハマシギに次いでオジロトウネン(本日7羽)観察できました。
数日前の雨天時はトウネン見ましたが、すぐ移動したようです。最近ハクチョウは見えません。
 

多々良沼弁財天北側及びガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月21日(水)15時51分35秒
返信・引用
  20日は弁財天北側でハジロカイツブリ2羽(数日前飛来)、及びガバ沼ではコハクチョウ1羽観察できました。ノビタキもまだいました。
21日は珍しく晴れの為か、ガバ沼でゴイサギが対岸で約50羽程が休んでいました。
いつもはダイサギ、アオサギ、コサギの定位置ですが、今年は葦原内ではなく、見えるところに現れます(なぜ?)。
 

多々良沼 弁財天南側

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月19日(月)13時20分36秒
返信・引用
  19日 今年初めて多々良沼にコハクチョウが飛来しました。例年と違い1羽での飛来で珍しいです。
例年は最低でも2~3羽、又はファミリーでの飛来が普通です。
14日はユリカモメ4羽観察できましたが、ユリカモメは一日で抜けたようです。
 

多々良沼 ガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月19日(月)13時10分14秒
返信・引用
  今年は珍しくガバ沼でゴイサギが多数見られるようになりました。通常この杭はカワウの定位置でしたが、今年はゴイサギが占領しています。
最大で成長 幼鳥合わせ15羽程が(運が良ければ見られます)並びます。
通常は葦原で現れません。
 

はじめましてのウミアイサ

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2020年10月14日(水)14時00分44秒
返信・引用
  11日の多々良沼には2羽のウミアイサがいたようですが、13日の夕方に行った時には1羽だけしか確認できませんでした。
初めて出会ったウミアイサ、遠かったので一見しただけでは毎年見ているカワアイサの雌かエクリプスに見えます。ちょうど魚を追っている食事時だったようで、やたらと激しく泳ぎ回っていて、じっくりと観察させてくれません。
撮影した画像で確認しようと思うのですが、動きが速いうえ光量不足で被写体ブレが多くなってしまいます。
羽が少し上がっている写真もありましたので、この個体が雌かエクリプスかの識別のご参考になればと思います。魚をくわえた場面や見返り(羽繕い?)ポーズなどのカットもありました。
 

/43