<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(10)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


カイツブリ&バンの親子

 投稿者:岡野弘行メール  投稿日:2020年 7月 4日(土)14時23分25秒
返信・引用 編集済
  久し振りで沼に出掛けたら、カイツブリの親子とバンの親子、雛は随分と成長し大きくなっていましたが、まだまだ親を追い掛け回して餌をもらっています。カイツブリの子が苦労して飲み込んでいるのは大きなドジョウかと思われます。カワセミも流麗な姿を見せてくれました。  

ツミ幼鳥の伸びポーズ

 投稿者:三井田進メール  投稿日:2020年 7月 4日(土)07時18分4秒
返信・引用
  梅雨の合間の昨日、高木の枝先に巣立ち数日後のツミの幼鳥が気持ちよさそうに(伸びのポーズ)をしてくれました。一人撮りで正面近距離でも気を許したかのように警戒感もなく安心して撮影ができました。  

Re: この鳥はなんでしょう?かなり珍しいような

 投稿者:もげメール  投稿日:2020年 6月21日(日)19時30分35秒
返信・引用
  > 前橋市箱田町の飯玉神社で三匹でいました。ツグミ大でした。気になります。警戒心は少なく、地面でえさをさがしていました。
→皆様の掲示板を見ていたら、カオジロガビチョウだとわかりました!ありがとうございます!
 

この鳥はなんでしょう?かなり珍しいような

 投稿者:もげメール  投稿日:2020年 6月21日(日)18時59分30秒
返信・引用
  前橋市箱田町の飯玉神社で三匹でいました。ツグミ大でした。気になります。警戒心は少なく、地面でえさをさがしていました。  

愛ノビタキ

 投稿者:中山誠司  投稿日:2020年 6月14日(日)19時37分20秒
返信・引用 編集済
   北海道がマイブームだった頃、富良野の写真展でたまたま買った野鳥の写真がお気に入りです。無数に咲く紅い花にとまった一羽のノビタキ。その時からノビタキは私の鳥になりました。
 下は雨でも、霧ヶ峰は晴れることがあります。昨日も、正にそうでした。まあ、散策後半は土砂降りでしたが。
 白樺湖を過ぎ、スカボロフェアを聴く頃から、ノビタキが車の前を盛んに横切ります。灌木にもたくさんとまっていました。期待が高まります。
 八島が原湿原には、あまり人はいませんでした。ノビタキはもちろん、ホオアカ・モズ・カッコー等、たくさんの野鳥がさえずり、活動していました。
 帰りに駐車場まで来ると、ウグイスが姿を現し、盛んに鳴いていました。何か、特をしたような気持ちになりました。
 

亜麻色の髪の乙女

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 6月14日(日)18時00分4秒
返信・引用
  警戒度1となりましたので、5都道県以外への往来が緩和されました(2からOK)。過日フライングもありましたが(すみません!)、雨の中、ある高原都市に用事で出掛けました。
峠を越えると、雨が小降りになり、洗われた新緑が目にしみます。田んぼの稲は、群馬よりも早く植えてあったらしく、かなり大きくなっていました。
ある畔に、見慣れない野鳥(カモさん?)を発見しました。車を安全な場所に駐車して確認すると。
エッ!何?あなたたちは、誰ですか?
帰ってから調べると、オシドリさん?確かに色合いは似ていますが、何か色あせている(ごめんなさい!)ような。でも、仲むつまじそうで、おしどり夫婦!?車に戻ると、川向こうに飛んで行きました。
道の駅の先には、郷土の先人が拓いた新田がひろがっています。広大な田園風景から見る母なる山は、素晴らしい!この日は厚い雲の中でしたが。
すると、向こうの田んぼに、エッ!あなたたちは誰?
たくさんのダイサギに囲まれて2羽のアマサギさん?がいました。初めてです。とても綺麗な亜麻色。小さなサギなんですね。
途中の田には、コチドリさんもいました。
この週末は、うっとうしい天気に包まれましたが、愛する野鳥さんとたくさん出会えて、とても幸せでした。
 

返信ありがとうございます。

 投稿者:大き目の鳥好き  投稿日:2020年 6月13日(土)14時24分21秒
返信・引用
  > No.399[元記事へ]

あらら、進入鳥でしたか・・・。
 

(無題)

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年 6月12日(金)21時29分43秒
返信・引用
  大き目の鳥好き様

 この鳥はカオジロガビチョウといいます。特定外来生物に指定されている外来種です。国内では群馬県で最初に記録されました。同じく外来種のガビチョウほどではありませんが、徐々に分布が拡がっています。
 

お邪魔します。

 投稿者:大き目の鳥好き  投稿日:2020年 6月12日(金)19時12分52秒
返信・引用
  どうしても分からないので、初めて書き込ませて頂きます。
昨年あたりから近所(伊勢崎市天蔵寺付近)で この鳥を見かけるようになりました。
ムクドリ大で警戒心は低く、群れていて物凄く澄んだ声で鳴きます。
声自体は数年前から聞こえていたらしいです。
やっと撮れた写真なので見苦しくて申し訳ありませんが、この鳥の名前を教えて頂けないでしょうか?
 

渡良瀬遊水地で誕生したコウノトリのヒナ

 投稿者:三井田進メール  投稿日:2020年 6月11日(木)22時50分50秒
返信・引用 編集済
  渡良瀬遊水地第二調整池の人工塔の巣に国の特別天然記念物のコウノトリのヒナが誕生しました。しかし、巣までの撮影距離は約300mと遠く大気の揺らぎも重なって証拠写真程度です。それでもまだヒナが、なかなか、巣の縁より上には身を伸ばすチャンスが少ない中、まぁ何とか白い小さなヒナが撮れました。地元観察者の話として、5月30日に誕生したヒナの餌運びが確認されてから6月9日に撮影した画像は日齢で生後10日目になります。尚、コウノトリが1971年以降に絶滅してから野外でヒナがかえった姿を確認できたのは東日本では初めてだそうです。今回、ヒナは2羽が誕生しました。
 

/35