<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(13)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


はじめましてのウミアイサ

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2020年10月14日(水)14時00分44秒
返信・引用
  11日の多々良沼には2羽のウミアイサがいたようですが、13日の夕方に行った時には1羽だけしか確認できませんでした。
初めて出会ったウミアイサ、遠かったので一見しただけでは毎年見ているカワアイサの雌かエクリプスに見えます。ちょうど魚を追っている食事時だったようで、やたらと激しく泳ぎ回っていて、じっくりと観察させてくれません。
撮影した画像で確認しようと思うのですが、動きが速いうえ光量不足で被写体ブレが多くなってしまいます。
羽が少し上がっている写真もありましたので、この個体が雌かエクリプスかの識別のご参考になればと思います。魚をくわえた場面や見返り(羽繕い?)ポーズなどのカットもありました。
 

Re: お尋ね

 投稿者:K  投稿日:2020年10月12日(月)18時07分36秒
返信・引用
  > No.484[元記事へ]

ヨタカ様
思っていたことをおっしゃって頂き、確証を得られた気分でおります。鳥だよりにも揚げさせて頂きます。この度はありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。
 

Re: あっ、ノスリだ!!

 投稿者:中山誠司  投稿日:2020年10月12日(月)17時46分12秒
返信・引用
  > No.481[元記事へ]

ヨタカ様
いつもありがとうございます。子供たちに興味を持たせるのはいいのですが、肝心の私が・・・。
チョウゲンボウは、名前を聞いたことはありますが、お恥ずかしい限りです。私も子供たち同様、全くの野鳥初心者マーク。いっしょに勉強させていただきます。ありがとうございました。
 

Re: お尋ね

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年10月11日(日)22時37分44秒
返信・引用 編集済
  K様
 私もウミアイサだと思います。背面と側面がともに暗灰色で、全体的にコントラストに乏しく、頭部の暗褐色との境界が不明瞭なことや、虹彩が赤く見えることは、カワアイサではなくウミアイサに合致します。虹彩が赤いことや三列の白色部がはっきり白いことなどから、メスや幼鳥ではなさそうです。小・中雨覆まで白かったのであれば、おっしゃる通り、オス成鳥(エクリプス)である可能性が高いと思います。県内ではウミアイサの記録は多くないので、鳥だよりに投稿していただけるとありがたいです。
 

お尋ね

 投稿者:K  投稿日:2020年10月11日(日)21時26分31秒
返信・引用
  今日3時50分頃に多々良沼で見た鳥です。観察中は三列風切や雨覆辺りまで白く見えていた記憶があります。写真が不鮮明ですが、三列風切辺りが白く見えている気がします。ウミアイサのエクリプスだと思っていますが、いかがでしょうか?  

多々良沼 ガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月11日(日)15時39分14秒
返信・引用
  ガバ沼もようやく葦も刈られ、未透視が良くなりました。(10月10日作業完了)
例年通り、ノビタキが5羽程盛んに採餌しているのが観察できます。
時折ゴイサギ(幼鳥)も現れます。普通は葦原に潜んでいるのですが!
 

多々良沼弁財天北側及びガバ沼

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月11日(日)15時28分51秒
返信・引用 編集済
  10月11日カワアイサ♀ 2羽観察できました。昨日より、ガバ沼との間を行き来しています。(♂見えませんので、少し留まる?)
多々良沼への飛来は今年は早いようです。台風の影響かも?

訂正
本件ウミアイサ(♂)に訂正します。
 

Re: あっ、ノスリだ!!

 投稿者:ヨタカ  投稿日:2020年10月10日(土)18時10分30秒
返信・引用
  > No.478[元記事へ]

中山様

 子供たちに興味を持ってもらうことはとても大切ですよね。相手が子供だけに、たいへんな面もあると思いますが、正しい知識を持ってもらうことも大切だと思います。この写真の鳥はノスリと同じように立った姿で電柱の上に止まっていますが、この鳥はハヤブサの仲間のチョウゲンボウです。最近は市街地で繁殖することもあるので、今まで以上に身近な鳥になってきています。
 

多々良沼 弁財天北側③

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月 9日(金)15時18分2秒
返信・引用
  コウノトリは10日から最大4羽が観察されましたが、7日はダイサギ(50羽以上)に交じり2羽が近くに現れました。(足環確認できず)
8日はダイサギはいませんでしたが、コウノトリは2羽共留まっていました。
1羽は足環から、2019年7月3日野田市放鳥の 個体番号「J0237」♂ですが、もう一羽は確認できず。ただし9日は確認出来ませんでした。
ハジロカイツブリも1羽観察できますが、岸から遠く写真撮影不可でした。

 

多々良沼 弁財天北側②

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年10月 9日(金)15時04分34秒
返信・引用
  10月7日よりシギ類(ツルシギ、アオアシシギ等)が観察できるようになりました。
ツルシギは1羽、アオアシシギは3羽で仲良く採餌していました。
 

/43