<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イソヒヨドリ情報(8)
  2. 足あと帳(6)
  3. 夏を越すカモたち(8)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あらっ、大きな目!?

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 2月14日(金)14時21分26秒
返信・引用 編集済
  今度の大河ドラマは、鮮やかなカラーがとても素敵ですね。思わず、画面のいろいろな所に見入ってしまいます。
確か第2話にメジロが出ていました。少し目が大き過ぎない?と思いましたが、メジロさんは声がとってもキレイなので、昔から高鳴きを楽しまれてきたんですね。可哀想。
354は生活道路ですが、少し前まで山茶花がとても美しかったですね。車がビュンビュン通り過ぎる道の真ん中に、メジロがいました。ちょうど信号だったのでパチリ。
撮れたかどうか確認する前に、プップー。
ごめんなさい。いろいろとご迷惑をおかけしている私は、とても反省しています。
私たちの中に野鳥はいるのか?野鳥の中に私たちがいるのか?でも、みんな幸せ一杯に生きられたら最高です。
 

ヒメリンゴ食堂

 投稿者:鳥とカメラ好き  投稿日:2020年 2月13日(木)00時23分3秒
返信・引用
  庭にある高さ3メートルくらいのヒメリンゴの木。
今年は例年より多くの実がなり、熟し始めるとヒヨドリ、メジロが連日食べに来てくれた。

人間も食べられないことはないが、少し酸っぱみがあり、そのままでは美味しくはないが、
調理すれば美味しいようだ。

次年度もたくさん結実するようだったら、調理にトライしてみようと思っている。
 

赤い毛

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 2月11日(火)19時54分3秒
返信・引用 編集済
  朝の公園は気持ちいい!寒い日の出時刻の、明るくなり始めた林に、シジュウカラ・エナガ・コゲラの混群が楽しそうに飛び回っていました。
エナガ主導のグループはとても素速く、私の腕ではとらえるのは無理だよ!
すると、一羽のコゲラが、目の前にとまり、朝飯探し。パチリ。相変わらず下手な写真ですが、家に帰って確認すると、赤い毛!?分かりづらいですが、赤い毛が確かに写っていました!あなたは、♂。男の子!
朝の小さな幸せ。1日のナイススタートですね。帰りにクサシギさんにも会えました!だから、野鳥に夢中です!!
 

アフターランチ・バードウォッチング

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 2月 9日(日)18時21分37秒
返信・引用
  富士見に新しくできたパン食堂で美味しいランチをいただいた後、近くの嶺公園に探鳥散歩に行きました。
久しぶりの散策でしたから、どこをどう歩いたらよいか分からず、とりあえず池をめざしました。暗い針葉樹林を過ぎると、目の前に…。えっ、あなたは???
夢中で撮った写真はピンぼけでしたが、ルリビタキさん♂ですか?
帰り、駐車場間近の林でも、ルリビタキさん♀?がすぐ近くに来ました。何の前触れもなく。
びっくりしつつ、あっと言う間に散歩は終わりましたが、途中、カラ類+メジロ・エナガ・コゲラの混群と三か所で遭遇しました。他にも、シロハラ・ツグミ・ゴジュウカラ?等、いろいろな可愛い野鳥に出会いました。
とても感動的な素晴らしい散策でした!
 

ツグミの諍い

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2020年 2月 9日(日)16時07分39秒
返信・引用
  芝生で餌をついばむツグミの数が増えてきました。
冬は分散してくらすツグミですが、春にはまた群れを形成するのでしょう。
そうした中、一定の距離を越えて他の個体に近づくと、反発されてしまう
ようです。
左右の個体は羽の色彩や模様が違いますが、ツグミは個体差が大きいので、
雌雄差とは言えないようですね。
それにしても、広げた尾羽の裏面を見たのは初めてでした。
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑳

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 2月 5日(水)15時30分0秒
返信・引用
  多々良沼周辺水田(休耕田、麦畑)でカワラヒワ観察できるようになりました。
1月29日には100羽(50羽程度の群れ、二か所)以上の飛翔、採餌の繰り返しが確認できました。
10羽程の集団は頻繁に観察できます。今年は数多いように感じます。
 

モズって可愛いですよね?

 投稿者:Sヒロセ  投稿日:2020年 2月 4日(火)16時48分46秒
返信・引用
  モズのファンです。ちょっと怖い?習性と過眼帯がクールな印象を与えますが、アップにすればこんなに愛らしい。つぶらな瞳に、ファン度急上昇!?
 

多々良沼カモ類 シギ類他⑲

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 2月 3日(月)21時00分57秒
返信・引用
  多々良沼数日前の雨で水位上昇し、シギ類は観察できませんが、例年通りヒドリガモ増えてきました。
オナガガモ、マガモ、ヒドリガモに交じり、アメリカヒドリ、珍しく陸に上がり羽繕いをしていました。ツガイと思いますが、遠くにはヨシガモも交じっているようです。
 

城沼キレンジャク他①

 投稿者:加藤治男メール  投稿日:2020年 2月 3日(月)20時54分5秒
返信・引用
  珍しくキレンジャク単独で現れました(城沼尾曳神社遊歩道沿い)、多々良沼彫刻の小径では一昨年ヒレンジャクの群れ現れましたが、キレンジャクは観察できませんでした。移動の途中と思いますが、多々良沼にも寄ってくれるといいのですが。  

木曽海道奈良井宿

 投稿者:蒼中将姫  投稿日:2020年 1月26日(日)09時57分38秒
返信・引用
  倉賀野から下諏訪、そして奈良井。2週間でやって来ました!?私の尊敬する松尾芭蕉翁は、奥の細道紀行で、2400キロの道程を5か月で歩いたのですから、驚くばかりです。
宿の中程に道が垂直に曲がるかぎの手がありますが、そこにジョウビタキ♂がいました。「ヒッ ヒッ ヒッ」と澄んだ声が聞こえていたので見回すと、屋根で体を震わせて鳴いていました。途中、侵入者がありましたが、見事撃退。可愛いだけじゃなくて、強いね!
往時の面影がたくさん残る宿場町にも、愛する生の営みがあるんですね。
 

/29