投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 夏を越すカモたち(6)
  2. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


高原の春

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 5月12日(日)04時32分4秒
返信・引用
  皆さま、ありがとうございます!何も知らない小学生?に優しく教えていただき、心から感謝いたします。竹内さま、可愛い写真ですね。素晴らしいです!

朝、いつもの散歩道でオオルリにご挨拶です。モノマネ名人は、高い木の梢で「もし もーし」?を交えながら、美しくさえずっていました。
朝食後、家から90分の別天地 蓼科高原に向かいました。高原の春はまだ始まったばかりで、木々の間から辺りがよく見渡せました。カラ類やキツツキ、ウグイスの声が爽やかに響いていました。
あれ?綺麗にさえずるこの子は?夏には大合唱が聞こえるメボソムシクイ?アカハラやアオジも帰ってたんだね。わあ、すごい色合い!噂の?コムクドリ?感動の初対面でした。オオヨシキリも元気いっぱいでした。
久しぶりの蓼科高原でしたが、本当に来てよかった!野鳥と出会い、生活の中で感動することが10000倍増えました!ありがとう!限りなく可愛い野鳥たち!!
 

Re: 自然讃歌

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2019年 5月 5日(日)21時11分28秒
返信・引用
  中山さま
オジロビタキの件ですが、以前出逢った時の写真がありますので貼ってみます。
よく似た鳥に、時折見られる冬鳥のニシオジロビタキがいますが、上下の嘴が黒いのが稀な旅鳥のオジロビタキとされているようです。
このときは現地で識別できず、帰宅してから確認しています。あくまで証拠写真レベルですので、ご参考まで。
 

ありがとうございます

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 5月 5日(日)04時13分11秒
返信・引用 編集済
  ありがとうございます。全くの初心者で、まだまだいろいろなことが興味深くてしかたありません。これからもよろしくお願いいたします。
ここに集う皆さまは素晴らしい方ばかりですが、万が一、悪意?を持ってたまたま掲示板を見る人がいることが心配です。「野の鳥」で“昔”から尊敬する委員長さまが書かれていたことが思い起こされます。ですから、場所はふせさせていただきました。
この子が目と鼻の先でモノマネに興じていた?オオルリです。星 明子さんのように大きな木の陰から鑑賞させていただきました。
 

Re: 自然讃歌

 投稿者:Rosefinch  投稿日:2019年 5月 2日(木)19時04分37秒
返信・引用
  オジロビタキは、尾羽の両サイドが白く目立ちますので、画像からは認められないので、該当しない様に思えます。
私の推定では、オオルリの♀かと?
オオルリは♀も囀ずると、私は認識しています。
参考意見まで。
 

オオタカの食事

 投稿者:鳥とカメラ好き  投稿日:2019年 5月 2日(木)12時18分7秒
返信・引用
  初めてオオタカの食事シーンを目撃できました。

 普段の散歩コースを歩いていると、田んぼの中に黒っぽい動く物体が・・あった。
 眼を凝らしてみていると、ゾンビ映画を連想させるようなシーン。
 振り向いた顔には何やら赤い物がちらっと見えた。

 まさか! こんなところにオオタカが。 距離も意外と近い。(10m弱)
 まずは証拠写真をパチリ。
 驚ろかさないようにゆっくりと位置を変えて撮影。
 嗉嚢がパンパンなので、食事も終盤と察する。
 仲間のハトか? 数羽が円を描くようにオオタカの頭上を数回飛翔していた。
 キジバトも知ってか知らずか、近くを通る。
 お腹一杯だから、もう襲われることはないのかも。
 一生懸命食べていた動きをやめ、辺りの警戒動作が増し、やがて獲物を咥えて飛び去った。

 オオタカの数が増えてきて「希少種指定」を解除という話題を耳にして半信半疑でしたが、
 こうやって身近で目撃すると、本当かなと思っちゃいます。至福の18分間の出来事でした。
 

Re: 自然讃歌

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 5月 2日(木)08時40分32秒
返信・引用
  昨日の子が気になり、図鑑をながめていると、オジロビタキ?稀な旅鳥とあるので「まさか」とは思いますが、素人目にはよく似ているなあと思います。
今朝もキビタキやオオルリのさえずりシャワーを浴びての散歩ができる幸せを感じました。あるオオルリがウグイスのホケキョや警戒の声、シジュウカラのさえずりを真似ていたのには、笑ってしまいました。
 

Re: 自然讃歌

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 5月 1日(水)08時46分13秒
返信・引用
  竹内さま
ありがとうございます。遺跡発掘調査とは素晴らしいですね。私も歴史が大好きです。体験でもいいですから、参加してみたいです。
以前、橿原の有名な博物館を見学した時に、群馬県内の遺跡から出た埴輪等がたくさんあり、誇らしい気持ちになりました。
ケリは残念ながら、まだ見たことがありません。シャープな姿を拝見したいものです。
名阪国道 針インター近くの葦原にオオヨシキリがたくさんいました。大きなさえずりに、初夏を感じました。
今朝もいつもの探鳥スポットに散歩に行きました。綺麗な声でさえずっていたこの子は何なのかとても気になりました。
今朝はオオルリが4羽、キビタキが11羽確認できました。新緑に隠れて姿はほぼ見られませんでした。
またよろしくお願いいたします。いつもありがとうございます。
 

Re: コムクドリ営巣準備

 投稿者:Rosefinch  投稿日:2019年 4月30日(火)22時23分48秒
返信・引用
  コムクドリの営巣場所は、群馬県内では明確に把握されていませんので、見つかった場合には貴重なデータになります。
もちろん、非公開扱いで、情報共有をお願いします。
 

Re: 自然讃歌

 投稿者:竹内 寛  投稿日:2019年 4月30日(火)12時44分35秒
返信・引用
  中山さま

奈良といえば、だいぶ以前のことですが、旧文部省が各県1名程度で遺跡保存担当者を対象にした研修会に応募、全国から集まった人達との長期合宿に参加できたのが奈良でした。長谷寺の大仏、懐かしいです。
ところで、研修日程にあった遺跡保存の現地見学で平城京跡に行った際に、たくさんのケリが遺構の周りを飛び回っている光景を見たのを、今でもよく覚えています。西日本には多く生息しているのでしょうか?
時期は、確かゴールデンウィークの休日を利用した合宿だったと思います。まだ見られるのでしょうか。
 

自然讃歌

 投稿者:中山誠司  投稿日:2019年 4月30日(火)08時01分3秒
返信・引用
  たくさんのオオルリ、キビタキに会えた朝、大好きな
仏像を見学に奈良に向かいました。自然豊かな室生寺や長谷寺は新緑に彩られていましたが、そこにも多くの野鳥がいました。
室生寺の境内に入るとすぐオオルリの声がこだましていました。声のする方に目を向けると、青紅葉から黒い影が渓の向こう岸に飛んで行きました。奥の院まで来ると、静寂の中をオオルリのさえずりが美しく響き渡っていました。盛んに場所を変えていましたから、姿は確認できませんでしたが、「綺麗な声ね。」と声に出す人もいました。
長谷寺では大観音がある大悲閣近くの大きな針葉樹梢にオオルリがいるのが確認できました。境内に優雅な声がこだましていました。
本堂まで来ると、聞き慣れないさえずりが?綺麗な声だ!青い鳥!イソヒヨドリ?どうしてこんな山に?
様々な想いが駆け巡りましたが、写真におさめることができました。
2つの寺とも新緑と花(シャクナゲ、ボタン)がとても見事でしたが、野鳥との出会いも楽しめ、最高の休日になりました。
 

/11